• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2016年10月20日

mainImg

急増する立地企業

 沖縄県では平成10年度に「沖縄県マルチメディアアイランド構想」を策定し、情報通信関連産業を21世紀に向けた中核産業と位置付け、同産業の振興と集積に取り組んできました。また、平成24年からは「沖縄21世紀ビジョン」等で情報通信関連産業の更なる集積と同産業の高度化・多様化に向けて、国内外での積極的なプロモーション活動に加え、沖縄とアジア・首都圏を直接接続する国際海底光ケーブルの敷設や、先端IT技術の研究開発への支援等に取り組んでおります。
 この結果、平成28年1月1日時点で387社の情報通信関連企業が県外から立地し、約27,000人の雇用が創出されており、いまや観光と並ぶリーディング産業に成長しております。

ricchisuu201601

» 立地企業リスト(PDF:1,378KB)
 

なぜ沖縄に企業が立地するのか?8つの理由

1: 豊富な人材 2: リスク分散拠点 3: 先を読む支援制度
4: アジアへの地理的優位性 5: 知の先端を切り拓く沖縄 6: 身近なリゾートライフ
7: 沖縄経済のポテンシャル 8:一年を通じて過ごしやすい気候  

 
理由1:豊富な人材

 沖縄県は、本土各県が人口減少時代に移行する中で、依然として人口増加地域であり、東京都に次いで、全国2位の人口増加率となっております。また、都道府県別の平均年齢は、最年少の41.3歳、年少人口の割合でも17.5%で全国1位と、日本一若い県と言えます。

nenshoujinkou

 heikinnenrei 

 国立社会保障・人口問題研究所「都道府県別人口の平均年齢」2013年 

totop
 
理由2: リスク分散拠点

 沖縄県は、本州からほどよい距離にあり、同時被災リスクも少ないため、災害リスク分散拠点として期待されております。また、近代的地震観測が開始されて以来、震度5強以上は計測されておりません。この部分を行政も高く評価しており、内閣府、経済産業省、総務省が基本情報の一部のバックアップ先として、沖縄にデータセンターを設置しております。
 本州からほどよい距離にあることで災害復旧のスピードを高めることができる利点もあります。沖縄は、災害対策におけるシステムのバックアップや、デュアルセンター(同時運用のオペレーションセンター)として理想的な場所と言えます。

jishin

copy2
 
copy3
 首都直下型地震等の災害により、基盤情報システムの中枢が機能
不全となった場合において、災害対応業務等の継続性を確保する
ことを目的とした「災害時対応情報システム」
 
copy4
1.首都圏災害時におけるホームページ機能
2.防災担当官向け電子メールサービス機能
3.防災担当官向けのファイル共有サービス機能
4.基盤情報システム内の災害対応業務用データ等のバックアップ機能
 
newspaper1(GIF:105KB)
totop

 
理由3: 先を読む支援制度

  沖縄県では、情報通信関連産業の集積・高度化に必要な基盤の整備、多様な情報系人材の育成・確保、県内立地企業の高度化・活性化のための製品開発支援など様々な取組を行なっております。

 
理由4: アジアへの地理的優位性 

 沖縄は、東アジア、東南アジアの中心に位置し、那覇から飛行機で4時間圏内に東京、ソウル、香港、上海、台北、マニラ等の主要都市があり、日本とアジア諸国を結ぶ地理的優位性があります。

 また、平成27年度末に沖縄とアジア、首都圏を接続する国際海底光ケーブルの供用が開始され、国内外の注目度が高まっております。

 

totop

 
理由5: 知の先端を切り拓く沖縄

  沖縄科学技術大学院大学(外部サイトへリンク)は、国際的に卓越した科学技術に関する教育及び研究を実施することにより、沖縄の自立的発展と世界の科学技術の向上に寄与することを目的としています。沖縄における研究開発を推進し、イノベーションの拠点へと発展させることを目指しています。

pic1
totop

 
理由6: 身近なリゾートライフ

 沖縄県は、青く澄んだ海を始めとした多くの自然に囲まれ、様々なリゾート施設があり、そのほとんどが日帰りで満喫できます。豊かな自然環境、リゾート地で働くことで、仕事のオンオフが切り替えられ易く、生活にメリハリが付けられます。

pic2

totop

 
理由7: 沖縄経済のポテンシャル

 日本経済研究センターの都道府県別中期経済予測実質成長率ランキングによると東京都をおさえ沖縄県が1位となっています。

 また、アジア諸国は急激な経済成長を遂げており、東アジア及び東南アジアの中心に位置し、独自のソフトパワーを持つ沖縄にとっては大きなチャンスです。

keizairanking

totop
  

理由8: 一年を通じて過ごしやすい気候

 沖縄県は、一年を通じて過ごしやすい気候に恵まれています。また、花粉症の時期においても沖縄県はスギ花粉の飛散量が少ないため、花粉症の症状が現れにくく、快適に過ごすことができます。 

■気温・降水量

(2015年 那覇市 年平均)

 気温 23.6度

 降水量 1,425mm

※気象庁ホームページ

■人口

1,431,564人(平成28年5月1日)

※沖縄県統計課

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働部情報産業振興課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(北側)

電話番号:098-866-2503

FAX番号:098-866-2455

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?