• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 選挙 > 制度概要 > 郵便等投票制度

ここから本文です。

更新日:2012年9月28日

郵便等投票制度

 

郵便等による不在者投票制度

 「郵便等による不在者投票制度」は、重度の身体障がいのために移動が困難で、投票所に行けない人が

自宅などの現在いる場所で投票用紙を請求し郵送等(郵便又は信書便による送付)された投票用紙に記載し、
 それを選挙管理委員会に郵送等により投票する制度です。
郵便等による不在者投票制度、代理記載制度を利用するためには、あらかじめ届出などが必要です。
手続きにはある程度の日数を要しますので、早めに手続きをしてください。

郵便等による不在者投票制度について

郵便等による不在者投票の対象者

 身体に一定程度を超える重度の障害のある人で、次の事項に該当する方は、郵便等による不在者投票
ができます。

(身体障害者手帳をお持ちの方の場合)

両下肢、体幹、移動機能の障害:1級・2級

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害:1級・3級

免疫の障害、肝機能障害:1級から3級

(戦傷病者手帳をお持ちの方の場合)

両下肢、体幹の障害:特別項症から第2項症まで

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害:特別項症から第3項症まで

(介護保険の被保険者証)

要介護状態区分:要介護5

※この制度を利用するには、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けておく必要があります。

郵便等による不在者投票制度における代理記載制度

郵便等による不在者投票をすることができる人のうち、次の事由に該当し、自ら投票の記載をすることが
できない方は、あらかじめ市町村選挙管理委員会に届け出た人(選挙権を有する者に限る。)に、投票に
関する記載をさせることが出来る制度です。

(身体障害者手帳をお持ちの方の場合)

上肢、視覚の障害:1級

(戦傷病者手帳をお持ちの方の場合)

上肢、視覚の障害:特別項症から第2項症まで

 ※この制度を利用するには、「郵便等投票証明書」の交付申請に加え、「代理記載の方法による投票を
 行うことができる選挙人であることの証明書」の交付申請に加え、「代理人記載人となるべき者の届出」
 を行う必要があります。

申請等の詳細については、お住まいの市町村選挙管理委員会へお問い合わせください。

お問い合わせ

選挙管理委員会 (代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟7階(南側)

電話番号:098-866-2141

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?