• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 沖縄県 労働委員会 > 不当労働行為の審査

ここから本文です。

更新日:2017年9月5日

不当労働行為の審査



不当労働行為の審査


1不当労働行為

労働組合法は、わが国の憲法が保障する労働三権の保障を徹底させ、以下に掲げる行為を不当労働行為として禁止しています。

 

2不当労働行為審査制度

労働組合や労働者は、使用者による不当労働行為を受けた場合には、労働委員会に対して救済申立てを行うことができます。労働委員会は申立てに基づいて審査を行い、不当労働行為の事実があると認められる場合には、使用者に対して、復職、賃金差額の支払い、組合運営への介入の禁止等を命令し、労働組合や労働者を救済します。



※「不当労働行為の審査」手続に係る費用は無料です。



不当労働行為審査制度の詳細についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

沖縄県労働委員会事務局調整審査課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟2階(南側)

電話番号:098-866-2551

FAX番号:098-866-2554

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?