• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 農林水産部 海洋深層水研究所 > 研究所施設の視察申込について

ここから本文です。

更新日:2017年4月27日

研究所施設の視察申込について

沖縄県海洋深層水研究所では、大学はじめ研究機関の研究者・技術者、海洋深層水産業関係者、水産関係者、農業関係者、国及び自治体関係者と、水産業や農業へ興味・関心のある学校関係者(生徒・学生を含む)などの視察を受け入れております。

申込先は、希望される視察内容でお選び下さい。

1.久米島海洋深層水についての一般的な視察を希望される方

研究所敷地内にある海洋温度差発電(OTEC)施設の見学をご利用下さい

海洋深層水の基礎から久米島海洋深層水の特徴や利用等の分かりやすい説明があります。

また、研究所内を簡単に巡ることもできます。

メール(海洋温度差発電施設)

  • hibino[at]xenesys.com([at]を@に変換して下さい。担当:日比野)

ホームページ(海洋温度差発電施設)

2.海洋深層水研究所の特定の業務について視察目的がある方

クルマエビ種苗生産、深層水を利用する水産業及び農業、取水施設管理運営、共同研究、深層水の利用希望、等の視察目的のある方は、海洋深層水研究所まで直接お申し込み下さい。

敷地内の海洋温度差発電(OTEC)施設への視察を併せて希望される場合、当研究所の視察申込書中にその旨を記載してください(OTEC側への二重申込不要)。

視察申込にあたって

  1. 観光目的の視察はご遠慮ください(海洋深層水ふれあい館098-985-7705など、施設・企業の見学をご利用ください)。
  2. 旅行会社、ホテル等代理者からの申込みは受付けておりません。視察関係者が直接申込んで下さい。
  3. 人員が少ないため、職員不在等によりご希望の日時では対応できない場合があります。
  4. 対応日時:月曜から金曜の平日、9時00分~17時00分。年末年始及び土休日は対応しておりません。

視察申込方法

  • 視察申込書に必要事項を記入し、希望日の少なくとも1週間前までに、FAXもしくはメールで送付してください。
  • 申込書の内容を検討した後に、当研究所から受入れの可否をお知らせします。
  • 対応できない日時もありますので、可能であれば申込書作成前にお電話での確認をお願いします。

申込書様式

視察申込書(PDF:32KB)

視察申込書(エクセル:15KB)

自主的な安全管理のお願い

当研究所は水族館植物園等の観光体験施設ではなく、沖縄県が設置運営する試験研究を目的とした機関です。そのため、施設内は一般の方の見学に適した設計にはなっておらず、安全上の注意が必要な箇所が数多くあります。

参加者に子ども生徒、高齢者が含まれる場合、見守りの担当を置くなど参加者内での安全管理をお願いします(引率者による事前現場チェックが有効です)。

  • フェンスのない段差が多くあります。
  • 水産関係施設には、床が海水と藻で非常に滑りやすい箇所があります。
  • 水産関係施設には、排水溝の蓋を外している場所があります。
  • 施設の中には、照明や窓が少なく内部が暗いものもあります。
  • 農業用ハウスでは、夏場は施設内部が非常に高温になります。
  • 施設内部で、切断用等工作機器、消毒薬等を使用して作業中の場合もあります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部海洋深層水研究所(代表)

〒901-3104 沖縄県島尻郡久米島町真謝500-1

電話番号:098-896-8655

FAX番号:098-896-8658

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?