• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年4月27日

海洋深層水の特性

海洋深層水の3つの特性

  • 太陽の熱エネルギーが届きにくいため、年間を通して水温が低い(低温安定性)
  • 光も届かず、植物プランクトン等による光合成が行なわれないため、栄養塩が消費されない結果、ケイ酸態ケイ素、リン酸態リン、硝酸態窒素などが多い(富栄養性)
  • 有機物が少ないため、それを利用する細菌が少ない(清浄性)

深層海水と表層海水の違い

 

深層海水

表層海水

水温

10.5℃

21.5℃

ケイ酸態ケイ素(1ℓ中)

2.8mg

0.2mg未満

リン酸態リン(1ℓ中)

0.060mg

0.006mg

硝酸態窒素(1ℓ中)

0.34mg

0.01mg

平成25年2月28日の水質分析結果より

お問い合わせ

農林水産部海洋深層水研究所(代表)

〒901-3104 沖縄県島尻郡久米島町真謝500-1

電話番号:098-896-8655

FAX番号:098-896-8658

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?