• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年4月27日

共同研究について

当研究所で取水している久米島沖海洋深層水は島内外の様々な事業で活用されています。

海洋深層水の新たな利活用について、沖縄県海洋深層水研究所と共同研究を始めませんか

当研究所では、これまでに、県内外の複数の民間企業・研究機関との共同研究実施例があります。

現在は水産農業併せて現場の研究員が3名まで減少しているため、当研究所側で飼育栽培や計測などの日常作業的な部分を受け持つことは困難な場合が多いですが、豊富な海洋深層水と施設設備がご利用いただけます。また、飼育栽培・設備・調査・関連手続きなどについて、研究員がご相談に応じます

 

実際に共同研究を開始する際には契約書を締結します。前段階として覚書により試験的に実施する場合もあります。手続きや内容についてはご相談下さい。

代表的な設備(水産のみ記載)

分野 説明

海水

海洋深層水、表層水あわせて5系統

  • 海洋深層水(原水、温度を上昇させた熱交換水)
  • 表層水(原水、濾過海水、温度を低下させた熱交換水)

水槽

  • 透明ポリカーボネート水槽:0.03~1t(アルテミア孵化槽)
  • FRP水槽:0.2~2t(角型、円形、レースウェイ)
  • 大型固定水槽:50t(円形キャンバス)、80t(角型コンクリート)

培養

人工気象器

滅菌

オートクレーブ、乾熱滅菌器

測定

水質分析計、光量子ロガー、水温照度ロガー、pHメーター、塩分濃度屈折計

保存

大型冷凍庫及び冷蔵庫、ディープフリーザー

光学

各種顕微鏡、顕微鏡一眼レフ撮影システム、防水ビデオカメラ

その他

インパクトドライバー・カッター他配管用工具、高圧洗浄機、ドラフトチャンバー、蒸留水製造器

これまでの共同研究テーマ

年度 テーマ

平成15~20年度

海洋深層水を利用したアサクサノリ養殖技術開発

平成17年度

海洋深層水を利用したクロチョウガイ種苗生産技術の開発

平成24年度

海洋深層水を利用した牡蠣の周年陸上養殖試験

平成24~27年度

海洋深層水を利用したアサクサノリの周年陸上養殖技術開発

平成25年度

海洋深層水を利用したマガキの陸上養殖研究

平成28年度

深層水を利用した有性生殖法によるサンゴの種苗生産

お問い合わせ

農林水産部海洋深層水研究所(代表)

〒901-3104 沖縄県島尻郡久米島町真謝500-1

電話番号:098-896-8655

FAX番号:098-896-8658

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?