• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 林業 > 森林資源研究センターの沿革

ここから本文です。

更新日:2015年7月2日

森林資源研究センターの沿革

1950年4月1日(昭和25年)

琉球農林省が設置され、その管下に琉球林業試験場が、小禄村(当時の米軍航空隊用地内)に創設される。

1951年(昭和26年) 南明治山試験地(面積139.93ha)が設置される。
1957年1月10日(昭和32年)

米軍からの立ち退き要請により、首里赤平町への移転となる。

1964年(昭和39年)

源河試験林(面積105.01ha)が設置された。

1965年(昭和40年)8月1日

農林局組織法の改正により南明治山試験地と源河試験林は、試験地駐在所となる。

1966年(昭和41年)9月1日

機構改革により、経営研究室と造林研究室が設置される。

1966年(昭和41年)10月1日

現在の名護市名護知真嘉原3626番地へ移転となる。

1969年(昭和44年)7月1日 源河試験林と首里試験地が廃止される。
1972年(昭和47年)

日本復帰により「琉球林業試験場」は、沖縄県林業試験場と改称され、経営研究室は林業経営室に、造林研究室は造林室となる。南明治山試験地駐在所を廃止し、南明治山試験地となる。

1991年(平成3年)3月31日

沖縄県行政組織の一部改正により、新たに庶務課を増設し、また、造林室・林業経営室を育林保全室・林産開発室に改める。

2005年(平成17年)4月1日

沖縄県行政組織の一部改正により、林業試験場は農林水産部から企画部に移管される。

2006年(平成18年)4月1日

沖縄県行政組織の一部改正により「林業試験場」は森林資源研究センターと改称され、企画管理班及び育林・林産班が設置される。

2013年(平成25年)4月1日 名護市字名護4605-5へ移転となる。

 

森林資源研究センター施設案内

森林資源研究センターは2013年4月1日に農業研究センター名護支所の敷地内に移転しました。

移転に伴い施設を新築しました。

shisetuphoto01

shisetuphoto02

お問い合わせ

農林水産部森林資源研究センター(代表)

〒905-0012 沖縄県名護市名護4605-5

電話番号:0980-52-2091

FAX番号:0980-53-3305

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?