• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 農業 > 事業概要・制度概要 > 経営支援 > 沖縄県うるま市の松本良徳さん

ここから本文です。

更新日:2015年12月18日

沖縄県うるま市の松本良徳さん

農家さん基本情報

h27-松本良徳-01

うるま市具志川の畑地にて、約200坪の畑にハンダマ、黒豆を栽培しています。

ハンダマは周年栽培で、黒豆は10月~3月にかけて栽培、その後、芋を栽培します。黒豆と芋を交互に育てるのが畑には良いとのことです。

今回は、朝市に毎週出品しているハンダマについて取り上げます。

栽培の特徴

h27-松本良徳-02

ハンダマを栽培して約15年になります。ハンダマは株分けをして栽培しています。

肥料は鶏糞や尿素を使い、松本さんの作るハンダマは病気も少なく、ほとんど虫もつかないそうで、無農薬で栽培しています。

冬場のハンダマは、花が咲く前に出荷しなければいけないようです。

夏は暑すぎて紫の色が出にくいのですが、冬は鮮やかな色が出ます。

ハンダマは与勝地域の給食センターや農協に出荷しています。

水は夏の時期は朝晩1日2回、冬の時期は朝1回、毎日手作業で与えています。除草作業も手作業で行っています。きれいに育てたいという思いが伝わってきます。

 

h27-松本良徳-03

黒豆の栽培時期である10月~3月は、虫もつかないそうです。

雑草も生えていますが、全て手作業で除草しています。

約60日で収穫できるそうです。

 

h27-松本良徳-04

葉の裏が鮮やかな紫色が特徴です。昔はお産した後の女性に、レバーとハンダマの汁物をあげていました。

色鮮やかな野菜のため見た目がきれいで、市内の結婚式場さんや、飲食店さんのサラダに提供されています。

松本さんおすすめの食べ方は?

軽くお湯で湯がいて、サラダ風にゴマドレッシングをかけて食べるのがおすすめですよ!

みそ汁に入れてもおいしいですよ!

 

氏名 松本良徳(マツモトリョウトク)
取組作物 ハンダマ、黒豆、いも他

 

お問い合わせ

農林水産部中部農林土木事務所計画用地班

〒904-2155 沖縄県沖縄市美原1-6-34 沖縄県中部合同庁舎2階

電話番号:098-894-6525

FAX番号:098-937-2533

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?