• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 農業 > 事業概要・制度概要 > 経営支援 > 沖縄県うるま市の濱川清康さん・かつ子さんご夫妻

ここから本文です。

更新日:2015年12月18日

沖縄県うるま市の濱川清康さん・かつ子さんご夫妻

農家さん基本情報

h27-濱川夫妻-01

うるま市勝連南風原の世界遺産、勝連城下の畑地にて、約800坪の畑に取材時には、露地でセロリ、ブロッコリー、キャベツ、パパイヤ、うずら豆、白ネギ、レタス、ローゼル等を栽培しています。

季節に合わせた野菜を育ていて、夏の時期は夏野菜のゴーヤー、へちま、冬瓜、オクラ等を育てています。

農作業は、仲良くご夫婦で行っています。

朝市では、セロリを多く出品しているので、今回はセロリを取り上げます。

栽培の特徴

h27-濱川夫妻-02

セロリを栽培して5年程になるそうです。畑全体が、保水力の高い粘土質のジャーガル土です。除草は手作業で行っています。

肥料にはキビ、めぐみ、液肥を与えています。水は毎日、夕方に1回、手作業で与えてます。

現在、セロリが900本程栽培しており、およそ、90日で出荷できるそうです。全て出荷できるのではなく、いくつかは病気等で出荷できないものもあります。

セロリは昨年、与勝学校給食センターに出荷されました。他にはちゃんぷるー市場にも出荷されています。

以前は、畑から遠い場所の、ため池から配水管を通して水が供給されていたようですが、夏場は水が出なくなったり、安定した供給がされていなかったため困っていたそうです。

現在は与勝地下ダムの水を使うことができ、濱川さんご自身で設置したスプリンクラーがあり、水を作物に与える労力が軽減されて、「だいぶ助かっています。」と話されていました。

 

h27-濱川夫妻-03

パパイヤとうずら豆が、一緒に栽培されています。

ジャーガル土で、土が靴にくっついてしまう程、粘着性の強い土でした。

パパイヤの品種は台農2号の名称で、実がたくさんできます。

 

h27-濱川夫妻-04

60日経ったうずら豆です。現在は緑色ですが、後30日程したら桃色と白の模様になります。

米と一緒に炊くとごはんがピンク色になり、ごはんとうずら豆の相性が抜群です。

無農薬での栽培で、うずら豆の周りには雑草も生えていましたが、手作業で除草しています。

濱川さんおすすめの食べ方は?

セロリのチャーハンやスープがおすすめです!

生で食べるセロリのスティックには、ケチャップとマヨネーズを合わせたものがおいしいですよ!

 

氏名 濱川清康(ハマカワセイコウ)、濱川かつ子(ハマカワカツコ)
取組作物 セロリ、うずら豆、ブロッコリー、キャベツ他

 

h27-濱川夫妻-05

 

お問い合わせ

農林水産部中部農林土木事務所計画用地班

〒904-2155 沖縄県沖縄市美原1-6-34 沖縄県中部合同庁舎2階

電話番号:098-894-6525

FAX番号:098-937-2533

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?