• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 農林水産部 八重山農林水産振興センター農林水産整備課 > 水質保全対策事業(耕土流出防止型)の目的

ここから本文です。

更新日:2016年8月23日

水質保全対策事業(耕土流出防止型)の目的

1.事業の目的

(1)河川・海域の環境保全

沖縄県では降雨により赤土等が河川・海域を赤く染めるいわゆる「赤土等流出」が大きな問題となって

います。赤土等の公共水面への流出は、サンゴをはじめとした周辺海域に生息する生物、それを取り巻く

自然環境に負担となります。さらに、赤土等流出により、周辺海域における水産業、観光産業への影響も

懸念されています。

現在、県内における赤土等の年間流出量のうち、既存農地を発生源とするものの割合が約7割となって

おり、既存農地において赤土等流出防止対策が十分でない箇所で水質保全対策事業(耕土流出防止型)

を実施し、農地からの赤土等流出を抑制することで周辺の自然環境を保全することを目的としています。


(2)良好な営農環境の保全

農地からの赤土等の流出は周辺の自然環境に悪影響を与えるばかりでなく、農家にとって貴重な

財産である肥沃な土壌を失うことも意味します。これにより、土壌流出のたびに新しい土を補給する必要が

あるなど、費用、手間の両面において農家の負担が増大することとなります。水質保全対策事業(耕土流出

防止型)の実施により、農業の生産性を維持し、良好な営農環境を保全することができます。


お問い合わせ

農林水産部八重山農林水産振興センター農林水産整備課(代表)

〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里438-1 沖縄県八重山合同庁舎4階

電話番号:0980-82-2342

FAX番号:0980-83-3542

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?