• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 農業 > 事業概要・制度概要 > 技術支援 > 野菜(北部農林水産振興センター農業改良普及課)

ここから本文です。

更新日:2014年12月8日

野菜

北部管内の野菜生産概況

北部管内の野菜生産はゴーヤー、スイカ、サヤインゲン、カボチャ、島ラッキョウ、トウガン等の戦略品目を中心に行われており、その他にもタマネギ、ダイコン、キャベツなど品目は多岐に渡って栽培されてます。また、拠点産地についてはゴーヤー・カボチャで名護市、スイカで今帰仁村、バレイショで宜野座村、島ラッキョウ・トウガンで伊江村が認定されており、今後もブランド産地としての成長が期待されています。

 

ゴーヤー

サヤインゲン

スイカ

カボチャ

トウガン

ラッキョウ

 

作付面積

収穫量

作付面積

収穫量

作付面積

収穫量

作付面積

収穫量

作付面積

収穫量

作付面積

収穫量

県計

306ha

7,151t

202ha

1,730t

80ha

2,020t

441ha

3,060t

88ha

2,731t

76ha

655t

北部計

114ha

2,586t

36ha

305t

73ha

1,849t

86ha

555t

41ha

832t

41ha

352t

県に占める割合

37.1%

36.1%

17.8%

17.6%

91.2%

91.5%

19.5%

18.1%

46.6%

30.4%

53.9%

53.7%

資料名:平成24年産野菜の作付面積、収穫量及び出荷量(農林水産部園芸振興課)

野菜で取り組んでいる主な課題

ゴーヤー、サヤインゲン、カボチャ等の戦略品目を中心に技術実証ほなどの設置や調査研究活動を介して技術の普及を行っています。また、産地リーダーの育成と集団化を図ることにより持続的産地形成を推進しています。

夏期の品質向上対策によるゴーヤー産地の強化

ゴーヤー栽培の様子

  • 安定生産技術の向上

 

  • 農産物安全・安心対策

 

  • 生産組織の強化

 

  • 担い手の育成

計画出荷の推進によるサヤインゲン産地の再生

サヤインゲン栽培の様子

  • 安定生産技術の向上

 

  • 農産物安全・安心対策

 

  • 担い手の育成

 

  • 生産組織の強化

カボチャ安定生産による産地育成

カボチャ栽培現地検討会の様子

  • 生産組織育成と産地力強化への支援

 

  • 安定生産技術の確立支援

 

  • 経営モデル作成に向けた収益性実態把握

 

  • 担い手の育成

お問い合わせ

農林水産部北部農林水産振興センター農業改良普及課(代表)

〒905-0015 沖縄県名護市大南1-13-11 沖縄県北部合同庁舎1階

電話番号:0980-52-2752

FAX番号:0980-51-1013

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?