• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 農業 > 事業概要・制度概要 > 技術支援 > 果樹(北部農林水産振興センター農業改良普及課)

ここから本文です。

更新日:2014年12月8日

果樹

北部管内の果樹生産概況

北部管内の果樹は、パインアップル、マンゴー、タンカン、シークヮーサー栽培を中心に、パッションフルーツ、アテモヤ等の熱帯果樹の栽培が盛んな沖縄県内でも果樹生産の中心的な地域となっている。拠点産地に認定された市町村も多く、パインアップルでは東村、マンゴーでは国頭村・今帰仁村・宜野座村、タンカンでは国頭村・本部町・名護市、シークヮーサーでは大宜味村・名護市、アセロラでは本部町、パションフルーツ、アテモヤでは恩納村が認定されている。

パインアップル

マンゴー

タンカン

シークヮーサー

収穫面積

収穫量

結果樹面積

収穫量

結果樹面積

収穫量

結果樹面積

収穫量

県計

345ha

6350t

239ha

1620t

209ha

317t

256ha

1707t

北部

195ha

3229t

79ha

438t

208ha

313t

253ha

1692t

県に占める割合

56.5%

50.8%

33.0%

27.0%

99.5%

98.7%

98.8%

99.1%

資料名:平成26年3月版農業関係統計(平成23年産、農林水産部)

果樹で取り組んでいる主な課題

高単価で売れる生食用パインアップル出荷体制の確立

パインアップル栽培の様子

  • 栽培技術の習得

 

  • 計画的生産の推進

 

  • 生産組織の育成と強化

 

  • 新規就農者支援

気象に影響されない高品質マンゴー産地の育成

マンゴー栽培の様子

  • 生産の安定

 

  • 品質向上

 

  • 産地協議会の活性化支援

 

  • 担い手の育成

 

きれいでおいしいタンカン、その他カンキツ栽培技術の向上及び産地育成の強化

タンカン栽培の様子

  • 土壌診断に基づく適正な土壌管理・土壌の理化学性の改善

 

  • 栽植密度の適正化

 

  • 産地育成の支援

 

消費者ニーズに合わせた売れるシークヮーサー栽培技術の向上

シークヮーサー栽培の様子

  • 土壌の理化学性の改善

 

  • 栽植密度の適正化

 

  • 青切り、フルーツ生食用生産に向けた体制作りと栽培技術支援

お問い合わせ

農林水産部北部農林水産振興センター農業改良普及課(代表)

〒905-0015 沖縄県名護市大南1-13-11 沖縄県北部合同庁舎1階

電話番号:0980-52-2752

FAX番号:0980-51-1013

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?