• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年4月18日

獣医師免許をお持ちの皆様へ

獣医師法第22条の届出

 獣医師法第22条に基づき、獣医師の分布、就業状況、異動状況等を的確に把握するため、獣医師には2年毎に届出が義務つけられています。

 届出期間:平成29年1月1日~1月31日

 届出様式:様式(PDF:169KB) 、様式(エクセル:93KB)

届出の作成に当たって(参考)

1.一般的事項

 (1)獣医師法施行規則(昭和24年農林水産省令第93号)第13条に規定する届出書(第6号様式)により作成して下さい。

 (2)届出の該当者は、我が国の獣医師免許を有し、かつ我が国に住所のある方です。なお、12月31日に海外出張等で住所地にいない方も届出が必要です。

 (3)作成に当たっては、届出用紙の注意事項を読み、各記載事項欄に記入漏れのないようにして下さい。なお、該当事項のない欄には斜線を引いて下さい。 

 (4)文字は、黒又は青インクを用いて、楷書で明確に記入して下さい。

 (5)誤記の訂正は、2本の横線を引いて消し、余白を用いて正しく記入して下さい。

 *本籍地、氏名や性別が変更された場合には、変更があった日から30日以内に、登録事項の変更申請が別途必要です。詳細は、農林水産省HPに掲載しています。

 


関係法令

  • 獣医師法(昭和24年法律第186号)より抜粋

 第22条 獣医師は、農林水産省令で定める2年ごとの年の12月31日現在における氏名、住所その他農林水産省令で定める事項を、当該年の翌年1月31日までに、その住所地を管轄する都道府県知事を経由して、農林水産大臣に届け出なければならない。

 第8条 第2項 獣医師が次の各号の一に該当するときは、農林水産大臣は、獣医事審議会の意見を聴いて、その免許を取り消し、又は期間を定めて、その業務の停止を命じることができる。 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部北部農林水産振興センター家畜保健衛生課(代表)

〒905-0012 沖縄県名護市名護4606-4

電話番号:0980-52-2939

FAX番号:0980-53-3311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?