• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 農業 > 事業概要・制度概要 > 農村振興 > 「たかはなりじま」水土里の路ウォーキングを開催しました!

ここから本文です。

更新日:2014年8月6日

「たかはなりじま」水土里の路ウォーキングを開催しました!

平成25年11月17日(日曜日)、うるま市の宮城島で、水土里の路ウォーキングを開催しました。

参加者の皆さま参加された皆さまの写真です。

朝8時受付開始というとても早い時間からのスタートでしたが、こんなに多くの方々が参加してくださいました!

出発

横断幕をもって、ウォーキング出発です。

ちなみに、今回の思い出になることを、との意向で、記念植樹も行いました。

記念植樹の様子

左から、沖縄県ウォーキング協会、うるま市長、宮城島上原土地改良区理事長、農林水産部統括監です。

植樹された木は、地域の畑に欠かせない貯水池の側に植えられています。

ウォーキングコースの途中には、このように給水地が設けられています。

給水地での応援

地元の方々が太鼓や手拍子で応援してくださいました。

また、今回のコース途中にはクイズも用意していました。

内容は、宮城島や、宮城島の農業にかかわるもので、全部で5問あります。

クイズ

貯水池の側に置かれたクイズ出題場所の様子です。

多くの人が問題を見ようと集まってくれています。

このクイズは「地域について知ってもらうこと」が目的なので、必ずしも正解する必要はありませんが、

なかなか盛り上がっています。

ウォーキング風景

ウォーキングの様子です。

サトウキビ畑の中をのんびりと散策しています。

ウォーキング

こちらもサトウキビ畑の中を歩いている様子です。

宮城島ではサトウキビが一番多く作られています。

直売所の様子

そしてゴールすると、お母さんたちが地域で取れたパパイヤ、カラシナ、ニガナ、シークヮーサーなどの農作物、

芋クジてんぷらや小魚のから揚げなどを直売してくださいました!

朝採れたての新鮮な農作物は飛ぶように売れていき、すぐ完売になっていました!

 

このように、「たかはなりじま」水土里の路ウォーキングは大成功のうちに終わることができました。

参加してくださった皆さま、準備に力を貸してくれた方々、何よりも地元の皆さま、どうもありがとうございました!

 

お問い合わせ

農林水産部村づくり計画課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(南側)

電話番号:098-866-2263

FAX番号:098-869-0557

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?