• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 水産業 > 事業概要・制度概要 > 漁港・魚場整備 > 沖縄振興公共投資交付金事業(漁村再生交付金事業)

ここから本文です。

更新日:2014年12月17日

沖縄振興公共投資交付金事業(漁村再生交付金事業)

沖縄振興公共投資交付金事業(漁村再生交付金事業)とは

事業主体(県又は市町村)が策定する漁村再生計画に基づき、地域の既存ストックの有効活用等を通じた、漁港・漁場等の漁業生産基盤と漁村の生活環境施設の総合的な整備を実施する事業です。

採択要件

  • 地区要件:漁港及びその背後漁業集落並びにこれらの周辺の漁場
  • 事業費要件:総事業費は1億円以上20億円以下とする。ただし、都道府県が行う漁港及び漁場施設の整備に関する全体事業費は5億円以下とし、市町村が行う漁港に係る全体事業費は12億円以下とする。
  • その他:事業実施主体が策定する「漁村再生計画」に基づいていること。

沖縄振興公共投資交付金事業(漁村再生交付金事業)でできること

  1. 現行の水産業の生産基盤(漁港施設及び漁場)整備
  2. 生活環境施設の整備(漁港環境施設整備、漁業集落環境施設整備等)
  3. 事業実施主体が提案する地域の創造力を活かし、漁村の再生に必要な整備

整備事例

 

29-1 29-2

外郭施設(沖防波堤)

係留施設(浮桟橋)

29-3 29-4

沈設魚礁

景観配慮型防犯灯(地域創造型整備)

 

 

お問い合わせ

農林水産部漁港漁場課計画調整班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(南側)

電話番号:098-866-2305

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?