• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 畜産業 > 豚流行性下痢(PED)発生農場の非発生農場への復帰について

ここから本文です。

更新日:2016年8月18日

豚流行性下痢(PED)発生農場の非発生農場への復帰について

 平成28年6月8日および9日にPED発生した2農場について、

 ・立入検査(臨床症状の確認)

 ・PED対応マニュアルに基づく遺伝子確認検査

を実施した結果、平成28年8月10日をもって当該農場は非発生農場へ復帰しました。

現在、県内でPED発生農場はありません。

PED とは

  • 豚のウイルス性伝染病
  • 豚、いのししに感染
  • 家畜伝染病予防法で届出伝染病に指定
  • すべての日齢において嘔吐、水様性下痢
  • 10日齢以下の哺乳豚で高死亡率
  • 繁殖豚、肥育豚での死亡はほとんどない

PED疑い事例発生について

 県内の1農場において、6月7日に豚流行性下痢(PED)の疑い事例が確認されました。

PEDの確定について

 6月7日に発生した疑い事例は、PEDと確定されました。

  PEDの発生について(2例目)

農場における予防対策

 PEDの発生防止には、農場内へのウイルスの侵入を防ぐことが重要です。各農場では下記の取り組み徹底をお願いします。

  • 飼養衛生管理基準を順守し、病原体の農場への侵入を防止しましょう。
  • ウイルス感染した豚、汚染した輸送車両、衣類、履物、器具などは感染源となりますので、導入豚の隔離観察や車両消毒を徹底しましょう。
  • と畜場、化製場等の畜産関連施設の入退場時には荷台や運転席も含めて消毒を徹底しましょう。
  • 豚流行性下痢を疑う症状が認められた場合は、直ちに下記の家畜保健衛生所まで連絡お願いします。

 

連絡先 電話 FAX
北部家畜保健衛生所 0980-52-2939 0980-53-3311
中央家畜保健衛生所 098-945-2297 098-945-3467
宮古家畜保健衛生所 0980-72-3321 0980-72-6673
八重山家畜保健衛生所 0980-84-4111 0980-84-4142

 防疫対策参考資料

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部畜産課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟9階(南側)

電話番号:098-866-2269

FAX番号:098-866-8411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?