• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2016年9月30日

沿革

明治27年
八重山登野城にあった農事試験場(元農産育種場)で、家畜に関する試験が開始される。
明治36年
真和志村(現那覇市)楚辺から那覇区(現那覇市)久茂地に移転した農事試験場で、養豚に関する研究及び種豚、山羊の飼育・配布が始められる。
明治44年
明治42年の特別県政施行により、県立となった農事試験場に畜産部が設置され、乳牛、馬、緬羊、家禽の研究が始められる。
大正10年4月
県立種畜場として独立、各種家畜の種付け及び種畜の繁殖・育成・配布を行い、併せて畜産に関する調査研究を実施する。
昭和20年8月
終戦。戦災のためことごどく灰燼に帰する。
昭和20年12月
田井等市(現名護市)振慶名の県立農事試験場跡に、国頭農事試験場が発足し、畜産部が設置される。
昭和21年7月
那覇市にあった与儀農事試験場が復活し、畜産科が設置され種畜業務が再開される。
昭和28年7月
羽地村(現名護市)伊差川にあった名護農業研究指導所の畜産科は分離して、琉球種畜場となる。
昭和29年7月
中央農業研究指導所(元与儀農事試験場)の種畜科が分離独立して琉球種畜場の本場となり、羽地村伊差川の種畜場は羽地支場となる。
昭和30年6月
石川市東恩納の民政府跡に石川支場を新設する。
昭和31年11月
平良市に宮古支場、石垣市に八重山支場が新設される。
昭和39年1月
琉球種畜場の本場が、南風原村(現南風原町)字新川に移転する。
昭和40年8月
琉球政府機構改革により、琉球畜産試験場と改称される。
昭和41年8月
農林局組織規則の一部改正により、本場にあっては、庶務課、大家畜室、中家畜室、飼料室の一課三室制度が設けられ、試験研究業務に対する一層の執務体制が整備される。
昭和45年10月
琉球政府組織法の一部改正により、各支場は分離独立して畜産指導所となる。
昭和47年5月
本土復帰により、沖縄県畜産試験場と改称される。
昭和51年3月
試験場移転用地及び職員宿舎用地を今帰仁村内に確保する。
昭和58年4月
今帰仁村に全面移転し、試験研究業務が開始される。
平成元年4月
沖縄県行政組織規則の一部改正により、バイオテクノロジー研究室を設置する。
平成9年4月
沖縄県行政組織規則の一部改正により、牧草育種研究室を設置する。
平成17年4月
沖縄県行政組織規則の一部改正により、農林水産部から企画部に移管される。
平成18年4月
沖縄県行政組織規則の一部改正により、畜産試験場から畜産研究センターに改称される。また、一課五室体制から、企画管理班、育種改良班、飼養・環境班の三班体制になる。

お問い合わせ

農林水産部畜産研究センター(代表)

〒905-0426 沖縄県国頭郡今帰仁村諸志2009-5

電話番号:0980-56-5142

FAX番号:0980-56-4803

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?