• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 子ども生活福祉部 若夏学院ホームページ

ここから本文です。

更新日:2015年8月4日

若夏学院について

   若夏学院は県立の児童自立支援施設です。不良行為を為し、または為す恐れのある児童及び家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する児童を入所又は通所させ、個々の児童状況に応じて必要な指導を行い、その自立を支援し、あわせて退所した者について相談その他の援助を行うことを目的としています。

ライブラリ設定

若夏学院への入所経路図

 

   問題に悩む児童が児童相談所あるいは家庭裁判所の審判などを経て入所してきます。入所した児童は、学院で生活し、学び、働きながら成長します。問題を克服し、家庭等の調整がついて児童の受け入れ態勢が整うと退所となります。

  ※学院への入所につきましては、学院での直接の受付はおこなっておりません。入所に関するご相談は、お近くの児童相談所にて行ってください。

学内の様子  

    学童は日課に基づき規則正しく生活します。児童たちはお互い協力して清掃、洗濯、食事などをきちんとこなし、基本的な生活習慣を身につけます。寮ごとに実施する誕生会、休日の院外活動などの行事への参加は家庭的な雰囲気の中で児童と職員間の交流を深めながら、日課を充実させていきます。食事は毎食、栄養バランスの取れた食事が出されます。また、精神科、内科の嘱託医の定期的な検診により、心身の健康管理に充分な配慮をしています。


学習について

  平成13年4月、学院内に那覇市立城北中学校若夏分校を設置、平成14年4月には那覇市立大名小学校若夏分教室が設置され、生徒達は、毎日、他の学校と同じように週28時間授業を受けています。基礎知識の習得に重点を置き、生徒それぞれの能力に合わせて、進学・就職の指導も前籍校と連携を取りながら、分校、学院で協力して進めていきます。寮に帰ってからの学習も、ボランティアの協力を得て楽しく勉強しています。なお、卒業証書は前籍校から受け取ることを基本としています。児童は各々の課題が解決され、生活や家庭環境が改善されると自立支援達成となり、前籍校に復帰します。そのため、前籍校との連携は大切で、年2回学校関係者会議をもって連携を図っています。

行事・スポーツについて

  学校行事である学習発表会、運動会のほか、キャンプや水泳訓練、クリスマスパーティーなどのたくさんの行事が行われています。スポーツも盛んで、野球、サッカー、バドミントンなどの部活動があり、野球とバドミントンは毎年九州大会に参加しています。

作業について


各種行事は分校と協力のもと、児童へあらゆる体験をさせようと心がけています。学院内には、農場や花園があり、作物が実り、花が咲いています。児童は土にまみれて働きながら、作物を育て、収穫し、働くことの喜びを知ります。特にサトウキビは全員で刈り取ったとに、自家製の黒糖作りを行い、それは伝統になっています。また、小動物を飼うことで心の優しさを育てています。

担当ページ一覧

現在、情報はありません。

お問い合わせ

子ども生活福祉部若夏学院庶務班

〒903-0802 沖縄県那覇市首里大名町3-112

電話番号:098-884-1874

FAX番号:098-886-6144

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?