• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

沖縄こどもランドホームページ

ここから本文です。

更新日:2015年9月1日

沖縄の交通


那覇港に向かう離島からのカーフェリー

沖縄県は、周りを海に囲まれ、他の地いきと遠くはなれています。そのため、日本本土や沖縄県内の各離島(りとう)、また離島から離島へと、人や物資(ぶっし)を運ぶため船は欠かせない交通手だんとなっています。
沖縄の各港には、たくさんの品物を運びやすいように、港の近くには倉庫や工場が集まっています。

飛行機


大ぜいの人が出入りする那覇空港のロビー

沖縄の空のげん関は、那覇(なは)空港です。飛行機を利用する人は、年々ふえています。
また、離島が多い沖縄県では、島々を結ぶため飛行機は欠かせない交通手だんとなっています。



沖縄本島を北から南へつないでいる国道58号

沖縄県では、車(乗用車・タクシー・バス・レンタカーなど)が「県民の足」となってきました。
平成15年8月からはモノレールが走っていますが、運転免きょを持つ人、車は増加し続けており、沖縄県は「クルマ社会」とも言われています。

モノレール(愛しょう:ゆいレール)


国場川沿いを走るゆいレール

平成15年8月10日、レールのなかった沖縄に県民の多くが待ち望んでいたゆいレールが走りました。
コースは、那覇空港駅から首里(しゅり)城のある首里駅まで、「国際通り」や那覇の新しいまち「おもろまち」を結び、全長約13キロメートルの15の駅を27分で走ります。
那覇空港駅は日本で一番西にある駅、赤嶺(あかみね)駅は一番南にある駅で、それを記念して建てられたモニュメントもあり、記念さつえいができます。
ゆいレールは電気で走るので、そう音やしん動が少なく排気ガスも出ないため、かんきょうにやさしく、決められた時間どおりに駅に着いたり出発する乗り物です。
今では、仕事や買い物のほかに、観光客にも多く利用されている便利な乗り物になっています。

お問い合わせ

企画部交通政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟7階(北側)

電話番号:098-866-2045

FAX番号:098-866-2448

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?