• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 告知・啓発事項 > 社会福祉施設、介護保険施設等におけるノロウイルスによる感染性胃腸炎及び食中毒の発生・まん延防止策の一層の徹底について

ここから本文です。

更新日:2014年3月5日

社会福祉施設、介護保険施設等におけるノロウイルスによる感染性胃腸炎及び食中毒の発生・まん延防止策の一層の徹底について

ノロウイルスによる食中毒の発生予防について

 今般、学校給食の食パンを原因食品とするノロウイルス食中毒が発生し複数の学校で学級閉鎖等が行われたことを受け、「ノロウイルス食中毒の発生予防について」(平成26年1月27日食安監発0127第1号医薬食品局食品安全部監視安全課長通知)が発出されました。

 現在、社会福祉施設等において、集団感染や死亡事例が発生していることから、手洗いの徹底や、糞便・吐物の適切な処理等の感染予防対策を講じるよう厚生労働省より通知(平成26年2月24日事務連絡)がありますので、障害福祉施設等におかれましては「大量調理施設衛生管理マニュアル」(平成25年10月22日食安発1022第10号厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知)に基づき、より一層の衛星管理の徹底、感染性胃腸炎及び食中毒の発生・まん延の防止に努めていただきますようお願いします。

    厚生労働省通知(PDF:2,097KB)      

 

   

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部障害福祉課事業指導支援班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2190

FAX番号:098-866-6916

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?