• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

沖縄こどもランドホームページ

ここから本文です。

更新日:2015年9月1日

沖縄の観光

沖縄の「青い海、青い空」などの美しい自然、「琉球王朝(りゅうきゅうおうちょう)」や「空手(からて)」などの独特(どくとく)の歴史・文化は、沖縄の大きな魅力(みりょく)で、毎年多くの観光客が沖縄をおとずれています。

沖縄県をおとずれる観光客は、本土復帰(ほんどふっき)した1972(昭和47)年には44万人でした。その後、1975(昭和50)年に沖縄国際海洋博覧会(おきなわこくさいかいようはくらんかい)が開かれ、156万人へと増加しました。

2014(平成26)年には706万人と過去最高の数になり、そのうち外国人観光客は過去最高の89万人となりました。

また、観光客は、ホテルやレストラン、おみやげ品店などでお金を使います。平成26年に観光客が沖縄で使ったお金は一人あたり73,238円、総額で5,169億3,600万円となり、沖縄県全体の経済(けいざい)をささえる大きな柱のひとつとなっています。

 

観光客数のうつり変わり

沖縄の観光と働く人

観光客が沖縄をおとずれてから帰るまでには、いろいろな仕事の人が観光客とかかわっています。

たとえば、ホテルやレストラン、おみやげ品店などは、観光客と直接会うことの多い仕事です。また、食材を提供(ていきょう)する農林水産業(のうりんすいさんぎょう)、清掃(せいそう)やクリーニングの仕事なども、観光客と会うことはあまりないかもしれませんが、観光客が沖縄で過ごすために必要な仕事で、観光とかかわっている仕事といえます。

お問い合わせ

文化観光スポーツ部観光政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(南側)

電話番号:098-866-2763

FAX番号:098-866-2767

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?