• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉 > 老人の日・老人週間について

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

老人の日・老人週間について

9月15日は「老人の日」、21日までの7日間は「老人週間」です。期間中、「みんなで築こう安心と活力ある長寿社会」を標語に、高齢者が安心して暮らせるまちづくり、高齢者の社会参加・ボランティア活動の促進などの目標を掲げキャンペーンを実施します。誰にでも訪れる高齢期のあり方、これからの過ごし方について、一人ひとりが家庭や地域における世代間の関わりを通じて考え、行動へつなげていくための期間としましょう。

平成29年「老人の日・老人週間」沖縄県キャンペーン要綱

趣旨

   我が国では、高齢者人口の増加と少子化により急速に高齢化が進んでおります。沖縄県においても高齢化率は年々高くなっており、平成37年度にはおよそ県民の4人に1人が65歳以上の高齢者になると見込まれ、高齢化率が21%を超える超高齢社会になると予想されております。
    県では、平成27年3月に策定した「沖縄県高齢者保健福祉計画(平成27~29年度)」に基づき、団塊の世代が75歳以上となる平成37年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後までできるよう、医療・介護・(介護)予防・住まい・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築に取り組んでおります。
    本格的な高齢社会を迎えた今日、これらの取組みを効果的に進めるためには、県民一人ひとりが、これまで以上に家庭、地域社会、職場、学校などで世代間のかかわりを深めるとともに、社会全体のテーマとして、また私たちの身近な問題として高齢になっても安心して暮らせる社会づくりに取り組んでいく必要があります。また、高齢者自らが高齢期のあり方について関心と理解を深めるとともに、これまでに培ってきた知識、経験や能力をいかし、積極的に社会参加に取り組むことも重要です。
    老人福祉法は、国民の間に広く高齢者の福祉についての関心と理解を深めていくとともに、高齢者が自らの生活の向上に努める意欲を促すことを目的として、毎年9月15日を「老人の日」とし、同日から同月21日までの一週間を「老人週間」と定めております。
    「老人の日・老人週間」の期間中、沖縄県のすべての高齢者が安心して暮らせるまちづくり、高齢者の社会参加・ボランティア活動の促進、高齢者の人権の尊重等、6つの目標を掲げキャンペーンを実施します

キャンペーンが目指す6つの目標

  1. すべての高齢者が安心して自立した生活ができる、保健・福祉のまちづくりを進め、ふれあいの輪を広げよう。
  2. 高齢者の知識、経験や能力をいかした、就労・社会参加・ボランティア活動を進めよう。
  3. 高齢者の介護予防、生きがい・健康づくりへの取り組みを進めよう。
  4. 高齢者の人権を尊重し、認知症高齢者への支援のあり方や介護問題等をみんなで考え、高齢者や介 護者を支える取り組みを積極的に進めよう。
  5. 高齢社会における家族や地域社会等の役割を理解し、お互いに協力して安心と活力ある長寿社会をつくろう。
  6. 減災や防災への取り組みに関心を持ち、日頃から地域でのつながりを築こう。

標語

「みんなで築こう 安心と活力ある健康長寿社会」

期間

平成29年9月15日の「老人の日」から21日までの「老人週間」の7日間

(この前後の期間にも運動を盛り上げることとしています。)

主催

  • 沖縄県
  • 沖縄県社会福祉協議会
  • 沖縄県老人クラブ連合会

主唱

  • 内閣府
  • 消防庁
  • 厚生労働省
  • 全国社会福祉協議会
  • 全国老人クラブ連合会
  • 長寿社会開発センター
  • 日本医師会
  • 日本歯科医師会
  • 日本薬剤師会
  • 日本看護協会
  • 日本社会福祉士会
  • 日本介護福祉士会

協賛

沖縄タイムス社、琉球新報社、NHK沖縄放送局、琉球放送、沖縄テレビ放送、琉球朝日放送、沖縄ケーブルネットワーク、ラジオ沖縄、エフエム沖縄、宮古新報、宮古毎日新聞社、宮古テレビ、八重山日報社、八重山毎日新聞、石垣ケーブルテレビ(順不同)

 a.jpg

 b.jpg

報道発表資料(新百歳・百歳以上長寿者の状況、百歳以上長寿者内訳、県上位20人名簿等)

当課調べ。9月の老人週間にあわせて公表。

H29新百歳・百歳以上公表資料(H29年9月15日)(PDF:242KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部高齢者福祉介護課在宅福祉班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2214

FAX番号:098-862-6325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?