• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症サポーター養成講座について

ここから本文です。

更新日:2016年10月20日

認知症サポーター養成講座について

認知症サポーター養成講座とは

認知症について正しく理解し、認知症の人や家族への応援者となる「認知症サポーター」を養成するための講座です。

全国で行われている「認知症を知り地域をつくる10か年」キャンペーンの「認知症サポーター100万人キャラバン」の一環として、本県でも実施しているものです。

講師

認知症についての基礎知識があり、かつ「認知症サポーター養成講座」運営のための研修を修了した人が、ボランティアで努めます。

カリキュラム

原則として、「認知症サポーター養成講座標準教材」に沿った内容を講義します。

教材の内容は、別添のとおりです。

時間

通常、1時間~1時間半程度を想定しています。(講師と要相談)

受講料

無料です。(講師への謝金は不要です。しかし、交通費等の実費をご負担いただくことは差し支えありません。)

認知症サポーターの役割とは

認知症サポーターは、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者であり、自分のできる範囲で活動していただくものです。(認知症の人の介護などに従事していただくわけではありません。)

<活動の例>

友人や家族にも、認知症の知識を伝える。

近所の人や役所、商店、交通機関など認知症の人と接する職場で働く人が、まちで認知症の人に接する場合に、適切な対応をする。

認知症サポーター養成講座の申込み方法

手続

  1. 県担当もしくは市町村担当あてに別紙「認知症サポーター養成講座開催申込書」(エクセル:56KB)を、開催希望日の1ヶ月以上前に提出する。(提出方法は、郵送・FAXのいずれか。)
  2. 県・市町村担当者が、講座開催場所近隣在住の講師に、講座開催について打診する。
  3. 2の調整結果について、県・市町村から申込者に連絡する。(講師の都合等により、ご希望に添えない場合もございます。)
  4. 講座開催の詳細について、申込者と講師との間で、調整を行う。
  5. 講座の開催。

その他、ご不明な点がございましたら、担当者までお問い合せ下さい。

お問い合わせ

子ども生活福祉部高齢者福祉介護課在宅福祉班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?