• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > ごみ・リサイクル > 関係法令 > 自動車リサイクル法関係

ここから本文です。

更新日:2014年8月22日

自動車リサイクル法関係

平成17年1月1日より、『使用済自動車の再資源化等に関する法律』(自動車リサイクル法)が本格施行されました。

これは、使用済自動車(廃車)から出る有用資源をリサイクルして、環境問題への対応を図るための法律です。現状のリサイクルの障害となっている部分について、自動車メーカーがリサイクルの責任を果たすこととなります。具体的には、エアコンの冷媒として使われており、大気放出されると地球環境を破壊する「フロン類」、爆発性があって処理の難しい「エアバック類」、使用済自動車から有用資源を回収した後に残る大量の「シュレッダーダスト」の3つについて自動車メーカーがリサイクルすることになります。

このようなリサイクルに必要となる費用については、自動車ユーザーの方々にご負担して頂くことになります。

詳しい内容については、(財)自動車リサイクル処理促進センター環境省経済産業省のホームページをご覧下さい。

自動車ユーザーから寄せられる質問

Q1.リサイクル料金って何?誰が払うの?

Answer⇒リサイクル料金とは、自動車を解体・破砕した後に残るゴミであるシュレッダーダスト、エアバッグ類のリサイクルとカーエアコンのフロンを破壊するために必要な料金です。
リサイクル料金は、自動車所有の方に原則として、新車購入時または継続検査時にお支払い頂きます。

 

Q2.リサイクル料金っていくらなの?

Answer⇒リサイクル料金は、シュレッダーダストの発生見込み量、エアバッグ類の個数・取り外しやすさ、カーエアコンのフロン類の充てん量などを踏まえ、自動車1台ごとに自動車メーカー・輸入業者が設定します。
リサイクル料金については、自動車メーカー等各社のホームページで公表されております。また、自動車リサイクルシステムのホームページにおいて照会ができます。

事業者の方へ

引取業、フロン回収業、解体業、破砕業を行う場合は、県知事への登録・許可が必要ですので、保健所あて申請を行なってください。

様式については、南部福祉保健所生活環境班または県ホームページの県環境整備課より入手できます。

ページの先頭へ戻る

南部福祉保健所Topへ戻る

お問い合わせ

子ども生活福祉部南部福祉事務所環境保全班

〒901-1104 沖縄県島尻郡南風原町宮平212

電話番号:098-889-6799

FAX番号:098-889-6366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?