• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年8月21日

沖縄県ユニバーサルデザイン推進指針

すべての人が暮らしやすく、すごしやすい社会へ~

はじめに


縄県では、すべての人が利用しやすく、誰もが暮らしやすい社会環境づくりを推進するため、県政各分野の取り組みに「ユニバーサルデザイン(UniversalDesign)」の考え方を導入することとしました。
ニバーサルデザインとは、「(年齢、性別、国籍、身体能力等の個人差に関わらず)できるだけすべての人が利用しやすいよう製品、環境をデザインする(つくる)」という考え方です。
指針には、沖縄県がユニバーサルデザインの考え方をどのように取り入れ、施策、事業に取り組んでいくのか、また、県民や民間企業、市町村等にはどのようなことを期待するのかについて示してあります。
なお、本指針の策定にあたっては、「『沖縄県ユニバーサルデザイン推進指針』策定にかかる懇話会」の皆様からいただいた、貴重なご意見を参考としました。
県としては、今後、本指針に沿って、県民の皆様とともに、できるだけすべての人が利用しやすい、まちづくりや、ものづくり、しくみづくりを推進していくこととしましたので、皆様のご協力をお願いいたします。

成17年3月縄県知事嶺惠一

目次

下記、各章の下線部をクリックすると、その章にジャンプします。


第1章ユニバーサルデザイン推進の背景

1.ユニバーサルデザインについて

ユニバーサルデザインの考え方・定義

ユニバーサルデザインとバリアフリー

ユニバーサルデザイン7つの原則

ユニバーサルデザインのはじまり

2.ユニバーサルデザイン導入の必要性

少子高齢化問題のために
すべての人が利用しやすい社会環境へ
地域産業等の活性化を目指して
3.指針策定の主旨

第2章ユニバーサルデザイン推進の基本方針
1.沖縄県がユニバーサルデザインで目指すもの
2.ユニバーサルデザイン推進の基本姿勢
コミュニケーションから生まれるもの
よりよい社会の実現のために過程を重視する
沖縄県のユニバーサルデザイン推進5分野
ユニバーサルデザイン推進のための4つのキーワード
沖縄県が目指す社会

第3章分野別推進の方向
1.まちづくり
(1)公共建築物・施設
(2)交通機関(道路含む)
(3)住宅
2.ものづくり製品づくり(支援)、消費
3.情報・サービスづくり
(1)情報
(2)サービス
4.観光地づくり観光地(施設)、宿泊施設、お土産品店等
5.状況づくり(一般県民への)普及活動

第4章ユニバーサルデザインの推進体制等
1.一般県民・NPO・団体等への期待
2.民間企業・事業者等への期待
3.市町村への期待
4.県の役割
ユニバーサルデザインの推進体制
「沖縄県ユニバーサルデザイン推進指針」策定にかかる懇話会

←「沖縄県のユニバーサルデザイン推進について」へもどる

お問い合わせ

企画部企画調整課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟7階(北側)

電話番号:098-866-2026

FAX番号:098-866-2351

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?