• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 環境部 自然保護課 > マングローブ植栽指針について

ここから本文です。

更新日:2016年7月19日

マングローブ植栽指針

指針策定の背景

 平成4年に開催された「環境と開発に関する国際連合会議(地球リオ・サミット)」に合わせ、「生物の多様性に関する条約」が採択された。我が国は、平成5 年5 月に条約を締結し、同年12 月に発効した。平成20 年6 月には「生物多様性基本法」が公布され、「生物多様性国家戦略」の策定と都道府県による「生物多様性地域戦略」の策定が位置づけられた。そのため、本県においても、平成22 年度より生物多様性地域戦略の策定に向けて取り組みを開始した。策定に当たっては、検討委員会を設置し、ワークショップやパブリックコメントも実施して、様々な意見等を集約し、沖縄県自然環境審議会の答申を得た上で、平成25 年3 月に環境生活部自然保護課(当時)が「生物多様性おきなわ戦略」を策定した。

 当該戦略には、マングローブ生態系について、「マングローブや干潟は多様な生物を共存させる機能、環境を浄化する機能、防災機能、環境教育やレクリエーションの場としての機能などの生態系サービスを提供している。」と記載するとともに、「既存の生態系を考慮せずに植栽されたマングローブによる在来種への影響や、植栽したマングローブの急激な分布域拡大による動植物への影響など、人間の認識不足が引き起こした問題もある。」と指摘し、「植栽されたマングローブ林の適切な管理」が課題として掲げている。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部自然保護課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2243

FAX番号:098-866-2855

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?