• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 環境 > マニュアル・ガイドライン > やんばるの自然体験活動ガイドライン

ここから本文です。

更新日:2015年8月25日

やんばるの自然体験活動ガイドライン

/site/kankyo/shizenhogo/images/img22720.gif

策定 平成14年4月15日

ガイドライン策定の目的

自然教育活動や自然観察会、エコツアーなど『自然、文化、伝統』をテーマとしたあらゆる自然体験活動また一般観光において、それらを持続的に利活用し、環境の保全と地域の活性化をしていくため。

対象者

対象地域において、営利・非営利に関わらず然体験活動にかかわる者、対象地域へ入る一般観光者
※自然体験活動とは・・・
『自然、文化、伝統』をテーマとした体験活動で、自然観察会、キャンプ指導、カヌープログラム、野外教育活動、エコツアー、ブルーツアー、ウエルネスツアーなど

対象地域

国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町、名護市

策定者

沖縄県


私たちは、私たちの祖先から受け継いだやんばるの豊かな自然や文化、伝統などを持続的に利活用し、同時に活動地域への社会的・経済的な貢献を目指します。さらにそれを私たちの子孫へ引き継いでいくために、私たちは「やんばるの自然体験活動憲章」の理念を理解し、「三つの配慮」を順守します。

「三つの配慮」項目は、1.やんばるで自然体験活動にかかわる全ての者、および一般観光客へ向けた最低限の共通認識項目であり2.それぞれの地域でつくられる詳細ルールの基本になるものという位置付けで作成されました。今後はこの「三つの配慮」項目にそって地域毎、資源毎にさらに具体的で、詳細なルールを「地域主体」でつくりあげていく必要があります。また、このガイドラインは平成13年度のアンケート調査やガイドライン策定検討会をもとに作成されています。自然体験活動や県内観光の状況、自然・文化・伝統を取り巻く環境は時間とともに変化しているため、定期的にその見直しが必要となります。

これら「三つの配慮」の実効性をさらに高めるために、自然体験活動に関係する皆さん、一般観光客の皆さんそれぞれへ以下の事柄を提案します。

≪I 自然体験活動の参加者≫の皆さん
≪II 自然体験活動が行われる地域≫の皆さん
≪III 自然体験活動の指導者、案内人≫の皆さん
≪IV 自然体験活動へ関係する行政≫の皆さん
≪V 一般観光客≫の皆さん


やんばる電話帳

お問い合わせ

環境部自然保護課自然保護班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2243

FAX番号:098-866-2855

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?