• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 環境部 自然保護課 > 伊良部島におけるサシバ飛来数調査について

ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

伊良部島におけるサシバ飛来数調査について

 平成29年度調査結果

 平成29年度サシバ飛来数調査では、期間中合計8,593羽をカウントしました。詳細は以下のとおりです。

 伊良部中学校、伊良部高等学校をはじめ、多くのみなさまにご協力いただきました。どうもありがとうございました。

 

 

 平成29年度サシバ飛来数調査について

 平成29年度のサシバ飛来数調査は、例年通りの日程(10/8~10/21)で行います。

 県民のみなさま及び観光客の方々のご参加も歓迎いたしますので、お気軽にお越しください。

 申込手続きは不要、参加費無料です。

日時

 平成29年10月8日(日)~10月21日(土) 

 期間中毎日12:00~18:00

 ※ 天候については、少雨の場合は決行、大荒れの場合は中止となります。

場所

 宮古島市役所伊良部庁舎屋上 (沖縄県宮古島市伊良部長浜1296番地)

参加予定者

  • 調査員(宮古野鳥の会、沖縄県鳥獣保護管理員、沖縄県職員の内から、各日2名ずつ配置)
  • 沖縄県立伊良部高等学校・宮古島市立伊良部中学校の生徒及び引率職員
  • その他(どなたでもご参加いただけます)

 

宮古島市におけるサシバ保護の取り組みについて

 沖縄県環境部自然保護課主催による宮古島および伊良部島におけるサシバ飛来数調査は平成29年度で45年目にあたり、例年寒露の入りから2週間(10月8日~10月21日)実施しています。県鳥獣保護管理員に加え、伊良部中学校や伊良部高校の生徒及び職員も参加し、貴重なデータを蓄積するとともに、鳥獣保護思想の普及啓発に寄与してきました。

 また、宮古島警察署や伊良部交番の他、伊良部地域づくり協議会の協力の下、宮古島および伊良部島においてサシバ保護パトロールも実施されています。

 そして、飛来数調査及びパトロールに先立ち、宮古島市主催で伊良部島内においてサシバ保護合同パトロール(広報パレード)およびパトロール出発式を実施しています。

 

 サシバについて

sashiba サシバは”渡り鳥条約”でワシントン条約付属書Ⅱ類に位置づけられ、国際的取引の規制がなされており、また、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)によって捕獲することが禁止されています。さらに、環境省版レッドデータリストでは絶滅危惧Ⅱ類に位置づけられています。

 国内では、宮古島市の他に愛知県渥美半島の伊良湖崎、鹿児島県の佐多岬でもサシバの大規模な渡りを見ることができますが、永年にわたり継続的に飛来数の調査がなされているのは、宮古島市だけです。

 

 

 これまでの調査結果

平成28年度サシバ飛来数調査結果(PDF:418KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部自然保護課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2243

FAX番号:098-866-2855

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?