• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 環境 > 事業概要・制度概要 > 住宅遮熱化等省エネルギー促進事業の概要について

ここから本文です。

更新日:2012年8月13日

住宅遮熱化等省エネルギー促進事業の概要について



 平成22年2月7日付け沖縄タイムスに本事業についての記事が掲載され、問い合わせが多数あることから、現時点で公表できる事項をお知らせします。

 なお、本事業の詳細については、現在、庁内で検討中であり、追ってに本ホームページに掲載する予定です。ご了承ください。

1補助対象者:県内に住宅を所有し居住する者

2補助対象経費:高遮熱塗装及び遮熱フィルム等を同時に導入する際の施工に要する経費

3補助率等:1/3(ただし、高遮熱塗装は16万5千円、遮熱フィルム等は3万5千円を上限とする。)

4その他:

 (1)遮熱化により冷房の省エネルギーが図られ、省エネルギー効果確認報告がでること。

 (2)平成22年4月1日以降に遮熱化を施工しようとする者

 (3)遮熱化に使用する材料が、以下の性能基準を満たしていること。 

①高遮熱塗装    

日射反射率が50%以上であること。

※日射反射率は、以下の試験方法・仕様によって測定されたものとする。

【試験方法】

 JISR3106(板ガラス類の透過率・反射率・放射率・日射熱取得率の試験方法)に従って、分光光度計を用いて8度の入射角で試験体に光源をあて、可視及び近赤外線の波長域(3002,500nm)の分光反射率を測定し、その測定結果を同JISの計算方法に基づき日射反射率を算出する。

【試験体仕様】

 溶融亜鉛メッキ鋼板50mm×50mm(厚さ1mm)に灰色(JISZ81022001(物体色の色名に基づく)N6(マンセル表色系で明度が6の無彩色)の塗料を各メーカーの定める仕様に基づき塗布したもの。

②遮熱フィルム等

遮蔽係数が0.7以下であること。

※遮へい係数は、JISA5759に従って測定すること。

お問い合わせ

環境部環境再生課環境対策班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2064

FAX番号:098-866-2497

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?