• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 高濃度PCB廃棄物の最も早い処理期限まで、残りわずか1年!

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

高濃度PCB廃棄物の最も早い処理期限まで、残りわずか1年!

★これまでの背景★

 ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、絶縁性、不燃性等の特性により、変圧器、コンデンサーなどに使用されましたが、昭和43年のカネミ油症事件を受け、我が国では、昭和47年以降製造が中止されました。

 その後、平成13年にPCB特別措置法が成立し、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)の処理施設で高濃度PCB廃棄物の処理が行われています。

★JESCO北九州事業エリアの処分期限まで、残りわずか1年★

 JESCO北九州事業エリア(中国・四国・九州・沖縄各県)高濃度PCBを含む変圧器、コンデンサー等は、平成30年3月31日までにJESCOに処分委託をしなければなりません

 期限を過ぎると、改善命令や罰則の対象となります。

 本日3月31日(金)は、処分期間の末日の1年前になります。保管などの届出をしていない高濃度PCB廃棄物や使用製品が存在しないか今一度徹底した確認をお願いします

 また、届出をしたものは、早急にJESCOに連絡をして、処分委託の手続を進めて頂くようお願いします

 

★参考情報★

沖縄県環境整備課(PCB特別措置法関連)

環境省HP(外部サイトへリンク)

経済産業省ウェブサイト(PCB機器の処理促進)(外部サイトへリンク)

経済産業省ウェブサイト(電気事業法関係)(外部サイトへリンク)

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)(外部サイトへリンク)

(一社)日本電機工業会(外部サイトへリンク)> 

(一社)日本照明工業会

 

 

 

お問い合わせ

環境部環境整備課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2231

FAX番号:098-866-2235

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?