• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年9月28日

第12回3R(スリーアール)推進全国大会

概要

環境省、沖縄県、3R(スリーアール)活動推進フォーラムは、国民・事業者・行政が一堂に会し、循環型社会の形成に関する知識や経験を交換するとともに、参加者一人一人が自らのライフスタイルを見直す機会を提供することを通じて、ごみの減量・再が自らのライフスタイルを見直す機会を提供することを通じて、ごみの減量・再資源化などの3R(スリーアール)に関する理解を深め、ごみゼロ社会の実現や循環型社会の形成に向けた取組を推進するため、沖縄県では初めてとなる「3R(スリーアール)推進全国大会」を下記のとおり開催します。

※3Rとは、Reduce(リデュース)(発生抑制)、Reuse(リユース)(再使用)、Recycle(リサイクル)(再生利用)の頭文字で、廃棄物の発生を抑制し、循環型社会を構築するため、国や自治体などがその推進に取り組んでいる活動です。

日時

平成29年10月24日火曜日13時から16時50分(予定)

場所

沖縄コンベンションセンター会議棟A(宜野湾市真志喜4丁目3番1号)※大会当日は、県庁前県民広場から、沖縄コンベンションセンターまで、シャトルバスを運行します。

主催

環境省、環境省九州地方環境事務所、沖縄県、3R活動推進フォーラム

内容

 

(1)式典

・循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰

・3R促進ポスターコンクール最優秀賞表彰

(2)記念シンポジウム

・基調講演「3Rの推進と循環型社会の国内外の動向」:慶應義塾大学経済学部教授・3R活動推進フォーラム会長 細田衛士 氏

・成果報告「次世代へつなげよう3Rの輪 昨年度3R推進全国大会の成果」:徳島県県民環境部環境首都課係長 村田浩二 氏

・事例発表「買い物ゲームの取組み」:沖縄リサイクル運動市民の会代表 古我知浩 氏

・パネルディスカッション「考えよう!わった~島の3R(スリーアール)」

コーディネーター:NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット理事長 崎田裕子 氏

パネリスト:環境省、株式会社バイオマス再資源化センター、琉球セメント株式会社、石垣市、沖縄リサイクル運動市民の会、JICA沖縄、沖縄県環境部環境整備課

(3)ブース展示

平成29年度3R促進ポスターコンクール入賞作品、都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト(※1)、3R推進団体連絡会(容器包装リサイクル法関連8団体)、NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット、県内の企業・団体等、県内自治体、3R活動推進フォーラム、環境省九州地方環境事務所、沖縄県 等

(4)見学会

大会当日の午前9時より、鉄・非鉄金属スクラップ、家電機器等を回収、素材ごとに選別し、鉄原料・アルミ原料・銅原料を生産している株式会社拓琉金属(浦添工場)の施設見学会を開催します。(無料)詳細は、下記の「申し込み方法」に掲載の3R活動推進フォーラムHPを参照して下さい。 

申し込み方法

式典、記念シンポジウム、施設見学会への参加を希望する方は、下記URLから申込み用紙をダウンロードし、10月19日木曜日までに3R活動推進フォーラムへお申し込み下さい。(ブース展示は申込み不要で御覧頂けます。)

〈3R活動推進フォーラムHP〉http://3r-forum.jp

参考

※1「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の約5,000個の金・銀・銅メダルを全国各地から集めたリサイクル金属で作る国民参画型プロジェクト。東京2020大会をきっかけに、持続可能社会の仕組みを作る取り組みです。(東京2020組織委員会が主催し、環境省等が協力して実施。)会場内に回収ボックスを設置いたしますので、ご家庭で不要となった携帯電話等をお持ちください。 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境整備課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2231

FAX番号:098-866-2235

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?