• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年6月9日

沖縄県アスベスト(石綿)情報

アスベスト(石綿)に関する問合せ・相談窓口(平成29年4月1日現在)

労働者のアスベストばく露防止対策、労災補償
(労働安全衛生法、石綿障害予防規則、労働者災害補償保険法)

問い合わせ・相談窓口

TEL

住所

沖縄労働局 労働基準部 健康安全課 098-868-4402 那覇市おもろまち2-1-1
沖縄労働局 労働基準部 労災補償課 098-868-3559 那覇市おもろまち2-1-1
那覇労働基準監督署 098-868-3344 那覇市おもろまち2-1-1
沖縄労働基準監督署 098-982-1263 沖縄市住吉1-23-1
名護労働基準監督署 0980-52-2691 名護市字宮里452-3
宮古労働基準監督署 0980-72-2303 宮古島市平良字下里1016
八重山労働基準監督署 0980-82-2344 石垣市字登野城55-4

 

米軍基地従業員・離職者の健康相談

問い合わせ・相談窓口

TEL

住所

沖縄防衛局 労務管理官室 098-921-8215 嘉手納町字嘉手納290-9
(独)駐留軍等労働者労務管理機構
沖縄支部厚生課
098-921-5534 嘉手納町字屋良1058-1
(一財)沖縄駐留軍離職者対策センター 098-898-5587 宜野湾市伊佐4-5-16

 

一般の方の健康相談

問い合わせ・相談窓口

TEL

住所

沖縄県 保健医療部 健康長寿課 098-866-2209 那覇市泉崎1-2-2
北部保健所 健康推進班 0980-52-5219 名護市大中2-13-1
中部保健所 健康推進班 098-938-9701 沖縄市美原1-6-28
那覇市保健所 健康増進課 098-853-7961 那覇市与儀1-3-21
南部保健所 健康推進班 098-889-6591 南風原町宮平212
宮古保健所 健康推進班 0980-73-5074 宮古島市平良東仲宗根476
八重山保健所 健康推進班 0980-82-4891 石垣市真栄里438

※労災の対象とならない方、そのご遺族に対する石綿健康被害救済制度については各保健所健康推進班が給付申請窓口となります。

 

解体・改修工事に伴うアスベストの飛散防止対策

問い合わせ・相談窓口

TEL

住所

沖縄県 環境部 環境保全課 098-866-2236 那覇市泉崎1-2-2
北部保健所 生活環境班 0980-52-2636 名護市大中2-13-1
中部保健所 環境保全班 098-938-9787 沖縄市美原1-6-28
那覇市 環境保全課 098-951-3229 那覇市泉崎1-1-1
南部保健所 環境保全班 098-889-6799 南風原町宮平212
宮古保健所 生活環境班 0980-72-3501 宮古島市平良東仲宗根476
八重山保健所 生活環境班 0980-82-3243 石垣市真栄里438

※1 届出窓口は管轄保健所になります。
※2 那覇市内における届出窓口は、那覇市環境保全課です。ただし、沖縄県生活環境保全条例に係る届出(石綿含有成形板等の特定粉じん排出等作業実施届出等)は南部保健所になります。

 

アスベスト廃棄物の収集運搬・処理(廃棄物処理法)

問い合わせ・相談窓口

TEL

住所

沖縄県 環境部 環境整備課 098-866-2231 那覇市泉崎1-2-2

※各保健所生活環境班または環境保全班でも受け付けています。

 

アスベストが使用されている建物の分別解体(建設リサイクル法)

問い合わせ・相談窓口

TEL

住所

沖縄県 土木建築部 技術・建設業課 098-866-2374 那覇市泉崎1-2-2

 

建材中の石綿含有調査が可能な調査者

建築物の建材に石綿が含有しているかどうかを調査する者は「建築物等の解体等の作業及び労働者が石綿等にばく露するおそれがある建築物等における業務での労働者の石綿ばく露防止に関する技術上の指針(平成26年3月31日 厚生労働大臣公示)」の2-1-2の(1)に「石綿に関し一定の知見を有し、的確な判断ができる者が行うこと。」となっています。

具体的には、「建築物等の解体等の作業及び労働者が石綿等にばく露するおそれがある建築物等における業務での労働者の石綿ばく露防止に関する技術上の指針」に基づく石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル(厚生労働省作成)の2-1-2の具体的留意事項2.に次の者が記載されています。

  • 「建築物石綿含有建材調査者講習登録規程」(平成25年7月30日公示)により国土交通省に登録された機関が行う講習を修了した建築物石綿含有建材調査者
  • 石綿作業主任者技能講習修了者のうち石綿等の除去等の作業の経験を有する者
  • 日本アスベスト調査診断協会に登録された者

 

 

建材中の石綿含有分析が可能な分析機関

建築物の建材を調査し、石綿の含有が不明な物については、分析をかける必要があります。

分析を行う場合の分析機関については、「建築物等の解体等の作業及び労働者が石綿等にばく露するおそれがある建築物等における業務での労働者の石綿ばく露防止に関する技術上の指針(平成26年3月31日 厚生労働大臣公示)」の2-1-3の(1)に「石綿含有の分析は、十分な経験及び必要な能力を有する者が行うこと。」となっています。

具体的には、「建築物等の解体等の作業及び労働者が石綿等にばく露するおそれがある建築物等における業務での労働者の石綿ばく露防止に関する技術上の指針」に基づく石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル(厚生労働省作成)の2-1-3の具体的留意事項2.に次の者が記載されています。

  • 公益社団法人日本作業環境測定協会が実施する「石綿分析技術の評価事業(石綿分析に係るクロスチェック事業)」により認定されるAランク又はBランクの認定分析技術者
  • 一般社団法人日本環境測定分析協会が実施する「アスベスト偏光顕微鏡実技研修修了者」や「アスベスト偏光顕微鏡インストラクター」

 

なお、分析方法などについては厚生労働省ホームページから次の通達を御参照ください。

  • 「建材中の石綿含有率の分析方法について(平成18年8月21日基発第0821002号)」
  • 「建材中の石綿含有率の分析方法に係る留意事項について(平成18年8月21日基安化発第0821001号)」  

また、労働安全衛生法に定められた作業環境測定を業として行う場合は「作業環境測定機関」としての登録が必要になります。

沖縄県内の作業環境測定機関は沖縄労働局のホームページに掲載されています。

免許・教習機関等(外部サイトへリンク)(沖縄労働局のホームページ)

「作業環境測定機関一覧」が掲載されています。

 

大気汚染防止法又は生活環境保全条例に基づく特定粉じん排出等作業実施届出について

石綿が使用されている建築物又は工作物の解体・改造・補修の作業については、大気汚染防止法又は生活環境保全条例で届出義務や飛散防止のための作業基準が定められています。
作業開始の14日前までに管轄保健所へ届出を行ってください。

 

沖縄県生活環境保全条例の特定粉じん排出等作業に係る周知パンフレット・リーフレットを作成しました。

沖縄県生活環境保全条例改正パンフレット「平成28年4月から届出が必要です!」(PDF:714KB)

沖縄県生活環境保全条例リーフレット「解体等前にアスベストがあるか調査が必要です!」(PDF:650KB)

 

アスベスト(石綿)に関する国のマニュアル

「建築物等の解体等の作業及び労働者が石綿等にばく露するおそれがある建築物等における業務での労働者の石綿ばく露防止に関する技術上の指針」に基づく石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル(厚生労働省)が掲載されています。

 

アスベスト(石綿)に関する資料など

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境保全課大気環境班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2236

FAX番号:098-866-2240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?