• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 環境 > 事業概要・制度概要 > 水環境 > 有害物質使用特定施設の廃止に伴う土壌汚染状況調査について

ここから本文です。

更新日:2017年7月3日

有害物質使用特定施設の廃止に伴う土壌汚染状況調査について

有害物質使用特定施設の廃止時に、土壌汚染状況調査の義務が生じます!

 土壌汚染対策法の規定により、水質汚濁防止法の特定施設であって、特定有害物質を使用等していた施設を廃止した際に、「土壌汚染状況調査」の調査義務が発生します。(土壌汚染対策法第3条)

土壌汚染状況調査とは

 土壌汚染による環境リスクの管理の前提として、土壌汚染に係る土地を的確に把握する必要がある為に、土壌汚染対策法では、汚染の可能性のある土地について、以下に示す一定の機会を捉えて、土壌の特定有害物質による汚染の状況の調査を行うこととしています。

  • 特定有害物質を製造、使用又は処理する施設が廃止された場合(法第3条調査)
  • 3,000㎡以上の土地の形質の変更の際に土壌汚染のおそれがあると都道府県知事が認める場合(法第4条調査) 
  • 土壌汚染により健康被害が生ずるおそれがあると都道府県知事が認める場合(法第5条調査)

 このうち、法第3条調査については、特定施設における特定有害物質の使用の廃止の時点において調査義務が発生しますが、調査の一時免除規定もあります。詳しくは、各保健所または環境保全課までお問い合わせください。

有害物質使用特定施設の廃止後の流れ

 廃止から土壌汚染状況調査までの事務手続きについては、次のとおりです。

有害物質使用特定施設の廃止後の流れ(PDF:99KB)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境保全課水環境・赤土対策班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2236

FAX番号:098-866-2240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?