• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の一部改正に対する意見募集

ここから本文です。

更新日:2016年6月15日

「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の一部改正に対する意見募集

結果公表済み(募集は締め切りました。)

公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(以下「条例」とします。)の一部改正に対する意見募集について

 条例を改正する上で参考とさせていただくことを目的に意見募集を実施します。
 条例案の内容や、募集期間・提出方法等は次のとおりです。

1 条例案の内容
(1) 改正趣旨
 現行条例は、公共の場所・乗物における痴漢や盗撮行為を規制しています。
 しかし、風呂場や更衣室など、通常衣服を着けない状態でいるような場所や、公共の場所ではない学校の教室など、特定かつ多数の人が利用するような場所における盗撮、あるいは透視機能を有した写真機での盗撮は、現行条例で取り締まることができません。
 そこで、現行条例で規制できない形態の盗撮等を規制するため条例を改正します。  
 また、今回の改正により画像流出による二次被害のおそれが高い盗撮行為の罰則を強化します。
(2) 改正内容
ア 公共の場所における「卑わいな行為」関係(禁止行為を一部追加)
 現行条例は、規制する内容を公共の場所における「卑わいな言動」とし、条文をひとくくりにしていますが、今回の改正で、「卑わいな言動」の態様が分かりやすいよう、次のとおり例示規定するとともに、新たに盗撮目的でカメラを設置する行為等を規制します。
・現行(要約):公共の場所又は乗物において、卑わいな言動をしてはならない
・改正案(要約):公共の場所又は乗物等において、次の行為をしてはならない。
①人の身体に触れる痴漢行為
②衣服で覆われている人の下着や身体をのぞき見する行為
③下着等を盗撮し、盗撮する目的で写真機等を向け、若しくは設置する行為
イ 透視機能を有する写真機等で下着等を見ることや盗撮の禁止(新設)
※公共の場所又は乗り物に乗っている人に対し、次の行為をしてはならない。
・正当な理由がないのに、透視機能を有したカメラ等で、公共の場所にいる人の衣服を透かして見る行為や撮影する行為を新たに規制します。
ウ 通常衣服を着けない状態でいる場所にいる人の盗撮等の禁止(新設)
※公共の場所又は公共の乗物を要件としない禁止行為
・正当な理由がないのに、住居、浴場、更衣室、便所等で、衣服を着けない状態でいる人を、盗撮し、又は盗撮目的で写真機等を向け、若しくは設置する行為を新たに規制します。
エ 特定かつ多数の人が利用するような場所での盗撮の禁止(新設)
※場所的要件「特定かつ多数の人が利用する場所」
・正当な理由がないのに、公共の場所に含まれない集会所、事務所、教室など特定かつ多数の人が利用するような場所において、人の下着等を盗撮する行為を新たに規制します。
オ 罰則の強化
次のとおり盗撮行為の罰則を強化します。
【盗撮】
・現行:6月以下の懲役又は50万円以下の罰金(常習は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)
・改正案:1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(常習は2年以下の懲役又は100万円以下の罰金)
【痴漢】
・現行:6月以下の懲役又は50万円以下の罰金(常習は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)
・改正案:現行と変更なし。

2 提出方法
  電子メール、郵送のいずれかの方法により提出して下さい。
(1) メールアドレス
   seikatuanzenkikaku@police.pref.okinawa.jp
(2) 郵送先
   〒900-0021 
   沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号 沖縄県警察本部生活安全企画課

3 提出時の留意事項
(1)別添様式を使用し、日本語で簡潔かつ明瞭に記載して下さい。 
(2)住所、氏名、電話番号を明記して下さい。
(3)電話での受付はしておりませんので御了承下さい。

4 個人情報の取扱いについて
(1)意見書に記載して頂いた住所、氏名等の個人情報は、今回の条例改正に関する意見募集の業務のみで使用し、沖縄県個人情報保護条例(平成17年沖縄県条例第2号)に準じて適切に管理され、公表されることはありません。
(2)御提出頂いた意見について、それを公表することにより、個人又は法人の権利、競争上の地位、その他の正当な権利を害するおそれのあるものは、その全部又は一部を公表しません。

5 その他
(1)御提出を頂いた意見と、それに対する県警察の考え方(以下「考え方」といいます。」を県警ホームページ等に一定期間公表します(4(2)に該当する意見を除く。)。
(2)趣旨が不明瞭な意見の場合、考え方を示すことができない場合があります。
(3)意見を提出された方(個人・法人)への回答はいたしませんので御了承下さい。

募集期間

平成28年6月15日(水)から同年7月15日(金)※ただし郵送の場合は当日消印有効とします。

計画案等の入手方法

(1)沖縄県警ホームページ及び沖縄県ホームページ上で公表する。
(2)沖縄県行政情報センター及び各行政情報コーナーに条例案を備え付ける。
(3)沖縄県警察本部生活安全部生活安全企画課、県内各警察署(14警察署)に条例案を備え付ける。

意見提出件数(人数等)

0件(0人)

結果公表日

平成28年8月1日

お問い合わせ

沖縄県警察本部生活安全企画課(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?