• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年8月24日

メンタルヘルスガイド2

精神障害とは?

 精神障害とは
 1.心身や環境的な原因などにより日常の言動に変調が生じ、精神医学的に病気とされ、
 医療の対象とされる狭義の精神障害あるいは精神疾患の意味と、
 2.それらが長期的に持続することなどにより、社会生活能力、作業能力、対人関係能力
 などが制限される状態(能力障害)を指す広義の意味があります。

精神障害者とは
 精神障害があり、それらの病気の直接的、間接的影響により日常生活や社会生活を送る上
 での生活のしづらさ(障害)を余儀なくされている人のことです。

 精神障害者は長い間、精神科病院への収容を中心とする社会防衛的な取り扱いを受けがちでしたが、近年は保健所などを拠点に精神障害者を地域で支援する仕組みづくりがなされてきました。やがて、人権擁護や福祉の視点からの支援も重視されるようになり、1993年の「障害者基本法」の改正、1995年の「精神保健福祉法」改正さらに、2006年「障害者自立支援法」の施行により、医療、保健、福祉の総合的な視点からの支援が方向付けられてきています。


 

精神疾患にはどのようなものがあるの?

 精神疾患とは、知・情・意・行動上の変調や機能障害によって、生活を送る上での能力が相当程度影響をうけている状態を包括的に表す用語です。
一般的分類としては、
・原因がわからない内因性(精神分裂病、躁うつ病)
・脳が一時的に侵されたり、他の身体疾患に影響され二次的に精神障害を起こす外因性(器質性精神障害者)
・心的葛藤などの心理的原因で起こる心因性精神障害(神経症等)があります。

  精神疾患の種類(一部改変) 国際疾病分類

  統合失調症,統合失調症型障害及び妄想性障害
  気分(感情)障害
  神経症性障害,ストレス関連障害及び身体表現性障害
  器質性精神障害
 (アルツハイマー型認知症、血管性認知症等)
  精神作用物質による精神及び行動の障害
 (アルコール依存症、薬物依存症)
  摂食障害、睡眠障害、性に関する行動障害
  人格障害
  知的障害
  心理的発達の障害
 (広汎性発達障害等)
  小児および青年期の精神障害
 




お問い合わせ

保健医療部総合精神保健福祉センター(代表)

〒901-1104 沖縄県島尻郡南風原町字宮平212-3

電話番号:098-888-1443

FAX番号:098-888-1710

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?