• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 保健医療部 健康長寿課 > 乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間

ここから本文です。

更新日:2014年11月5日

 

11月は乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間です! 

11月は乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間です!!

◆期間:11月1日(土)~11月30日(日)

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは・・・?

それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく睡眠中に突然死亡する病気です。

原因はまだわかっていません。

日本では、およそ6,000人~7,000人に1人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっていると推定されています。

生後2ヶ月から6か月に多く、まれに1歳以上でも発症することがあります。

 

乳幼児突然死症候群(SIDS)から赤ちゃんを守る3つのポイント

原因が解明されていないSIDSですが、つぎの3つを守ることで、発祥の可能性を小さくできることが
これまでの研究で明らかになっています。

  1. うつぶせ寝は避ける 
  2. たばこはやめる 
  3. できるだけ母乳で育てる

 3つのポイントを知る・守ることで大切な命を守りましょう。

 

         

お問い合わせ

保健医療部健康長寿課母子保健班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2209

FAX番号:098-866-2289

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?