• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 告知・啓発事項 > 熱中症(発生動向等)(宮古保健所)

ここから本文です。

更新日:2017年10月3日

熱中症について

熱中症ってなに?

熱中症とは・・

室内や気温が高い中での作業や運動により、体温の調整機能が働かなくなり、

体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、発症する障害の総称です。

熱中症の症状

○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い

○頭痛、吐き気、おう吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

重症になると・・・

○返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

熱中症が疑われる人を見かけたら

涼しい場所へ

エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる

からだを冷やす

衣服をゆるめ、からだを冷やす

(特に、首の周り、脇の下、足の付け根など)

水分補給

水分・塩分、経口補水液*などを補給する

水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

熱中症にならないために

暑さを避ける

室内では・・・外出時には・・・

○扇風機やエアコンで温度を調節○日傘や帽子の着用

○遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用○日陰の利用、こまめな休憩

○室温をこまめに確認○天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

からだの蓄熱をさけるために

○通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する

○保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

こまめに水分を補給する

○室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、

こまめに水分・塩分、経口補水液などを補給する

宮古管内の熱中症発生状況

平成29年度熱中症発生状況(6月1日~9月30日)

 宮古管内の定点観測医療機関2か所(沖縄県立宮古病院、宮古島市夜間救急診療所)から

集計をおこなっています。

平成29年度熱中症発生状況(PDF:298KB) 21件

※熱中症注意喚起第3号(8月10日)(PDF:1,149KB)

※熱中症注意喚起第2号(7月13日)(PDF:115KB)

※熱中症注意喚起第1号(6月8日)(PDF:297KB)

<過去の熱中症発生状況>

平成28年度熱中症発生状況(PDF:253KB) 35件

平成27年度熱中症発生状況(PDF:66KB) 17件

 平成26年度熱中症発生状況(PDF:64KB) 11件

熱中症関連リンク

沖縄県

予防が大切!!気をつけよう熱中症(地域保健課)

厚生労働省

「健康のために水を飲もう」推進運動(外部サイトへリンク)

職場における労働衛生対策[熱中症予防対策](外部サイトへリンク)

環境省

熱中症予防情報サイト[暑さ指数(WBGT)予報など](外部サイトへリンク)

気象庁

熱中症から身を守るために[気温の予測情報、天気予報など](外部サイトへリンク)

消防庁

熱中症情報[熱中症による緊急搬送の状況など](外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部宮古保健所(代表)

〒906-0007 沖縄県宮古島市平良東仲宗根476

電話番号:0980-72-2420

FAX番号:0980-72-8446

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?