• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 環境 > 事業概要・制度概要 > 水環境 > 沖縄県における水質汚濁の現状

ここから本文です。

更新日:2016年3月18日

沖縄県における水質汚濁の現状

沖縄県の水質汚濁の特徴について

本県の河川は、一般的に流路延長が短く、流域面積や流水量も少ないため、汚濁物質の流入による影響を直接受けやすい状況にあります。

本県では、県内の25河川(35水域)及び11海域(12水域)について水質の常時監視を行うとともに、9河川、5海域について上乗せ排水基準を制定し、工場・事業場排水の規制強化に取り組んできました。その結果、工場等については水質の改善が進んできましたが、畜舎排水による水質汚濁があります。また、一方では私たちの生活の向上や都市地域の人口の集中化などにより、生活排水の水質汚濁に占める割合が大きくなっています。

水質測定結果については、沖縄県環境保全課のホームページから閲覧できます。

水質測定結果について

公共用水域及び地下水の水質測定結果について(沖縄県環境保全課へリンク)

お問い合わせ

保健医療部衛生環境研究所環境科学班

〒904-2241 うるま市字兼箇段17番地1

電話番号:098-987-8211

FAX番号:098-987-8210

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?