• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > ペット・動物 > 告知・啓発事項 > アーサ虫による虫刺されにご注意!!

ここから本文です。

更新日:2017年3月6日

アーサ虫による虫刺されにご注意!!

 久米島では毎年2~5月にかけて小さな虫(クロヌカカの仲間)が発生し、地元住民や観光客に虫刺され被害を起こしています。この虫は「アーサ(ヒトエグサ)が採れる時期」に海岸で発生する虫」または「アーサを採る時に刺す虫」などの理由から、地元では「アーサ虫」とも呼ばれています。

 

  アーサ虫付着 アーサ虫久米島

       衣服にとまっている様子      アーサ虫の顕微鏡(けんびきょう)写真

  アーサ虫ヌカカ アーサ虫皮フ炎

        血を吸っている様子        刺された部位の赤くはれた様子

 1.アーサ虫について知っておきたいこと

 外 観: 色は黒く、大きさは1~2mmで、飛んでいると見えない虫です。

 習 性: メスのみが衣服や髪の中、耳の中に潜り込み、咬んで吸血を行 います。

 症 状: 咬まれた部位ははれたり、かゆくなります。

 ※症状のあらわれ方には個人差があります。

 発生時期: 例年、2~5月に多く見られます。 

 発生場所: 海岸沿いに多く見られます。

 発生時間: 日中によく見られ、昼から夕方に多くなります。

 分 布: 久米島以外でもアーサ虫の仲間による被害が発生している地域があります。

 2.アーサ虫の調査結果

 アーサ虫の分布地域

 アーサ虫分布 アーサ虫分布説明 

  アーサ虫の日周期

 アーサ虫日周期 アーサ虫日周期説明

  アーサ虫への虫よけ効果(ディート含有)

 アーサ虫ディート アーサ虫ディート説明

 3.予防のポイント  

  1. 肌の露出を避ける

 〇長そで・長ずぼん・ぼうしを着用し、タオルなどを首にまく。

 〇潜り込んでくるため、肌と衣服の隙間ができるだけできないようにする。

 アーサ虫予防

 2. 虫除けスプレー(ディート成分含有)を使用する※

 〇被害の多い首まわりやそで口付近、腹部周辺への使用が有効

 ※完全にアーサ虫を追い払えるわけではありません。

  ※ご使用する際は、説明書をよく読んで使用上の注意を守ってご使用ください。

 アーサ虫虫よけ

 刺されたら病院へ

 リーフレット(PDF) (PDF:3,122KB)

 お問い合わせ先

 〇沖縄県衛生環境研究所 衛生生物班 Tel: 098-987-8223

 〇久米島町役場 環境保全課 Tel: 098-985-7126 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部衛生環境研究所衛生生物班

〒904-2241 うるま市字兼箇段17番地1

電話番号:098-987-8223

FAX番号:098-987-8210

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?