• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年9月21日

難病対策関係

難病とは?

国の難病対策要綱の中では、

  1. 原因不明、治療方法未確立で、かつ後遺症を残すおそれが少ない疾病
  2. 経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず介護等に著しく人手を要するため家庭の負担が重く、また精神的にも負担が大きい疾病

と定義され、現在は難治性疾患克服研究事業の臨床調査研究分野の対象疾患は130疾患(外部サイトへリンク)(うち56疾患が特定疾患治療研究事業対象疾患)となっています。沖縄県では難病患者さんに対し、支援を行っています。

特定医療費(指定難病)助成制度

難病指定医・指定医療機関

難病特別対策推進事業

難病といっても、病気や症状により患者さんの状態は様々ですが、ほとんどの方が慢性的な経過をたどることになります。それだけに、在宅での介護が必要な状況になると、家族の負担も軽いものではありません。県では、患者さんやそのご家族に対し、総合的な相談・支援等、在宅療養上の適切な支援を行うことにより、安定した療養生活の確保と難病患者さん及びその家族の生活の質の向上を図るため、下記の事業を行っています。

 関連情報

お問い合わせ

保健医療部地域保健課疾病対策班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階

電話番号:098-866-2215

FAX番号:098-866-2241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?