• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > イベントカレンダー > 蚊媒介感染症を中心とした輸入感染症診断研修会

ここから本文です。

更新日:2016年11月6日

蚊媒介感染症を中心とした輸入感染症診断研修会

蚊媒介感染症を中心とした輸入感染症の診断及び類似疾患との鑑別診断に係る知識について習得することを目的として、下記のとおり研修会を開催します。

講師:忽那賢志氏(国立国際医療研究センター病院国際感染症センター)

【目的】
国際的な人の移動の活発化に伴い、国内での感染があまり見られない感染症が海外から持ち込まれるといった、輸入感染症例の発生が増加しており、デング熱等の蚊が媒介する感染症についても、海外で感染した患者の国内での発生が継続的に報告されています。
沖縄県においても、デング熱の流行が報告されている台湾などを中心とした海外からの観光客の増加、米軍基地の存在、世界のウチナーンチュ大会といった国際的なイベントの定期的な開催を考慮すると、これら輸入感染症の発生のリスクは大きいと考えられます。
そのため医療機関においては、輸入感染症の探知に注意を払う必要があることから、本研修会は、蚊媒介感染症を中心とした輸入感染症の診断及び類似疾患との鑑別診断に係る知識習得を目的として実施いたします。

ヒトスジシマカ

開催日時

2016年11月11日  19時00分から21時00分

場所

名称

沖縄県医師会館3階ホール

住所

沖縄県島尻郡南風原町新川218−9

ホームページ

沖縄県医師会館(外部サイトへリンク)

対象

沖縄県内医療機関、検疫所、保健所等の医師等医療関係者

費用

無料

申込方法

別紙申込書をFAX(098-866-2289)して下さい。

主催者

沖縄県保健医療部健康長寿課

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部地域保健課結核感染症班

電話番号:098-866-2209

FAX番号:098-866-2289

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?