• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 社会資本の整備 > 事業評価 > 公共事業事後評価

ここから本文です。

更新日:2017年5月17日

公共事業事後評価

公共事業事後評価について

沖縄県の土木建築部では、公共事業の効率性とその実施過程の透明性の一層の向上を図るため、国庫補助事業について、一定の要件に該当する事業の事後評価を行っています。

事後評価については、学識経験者などで構成される沖縄県公共事業評価監視委員会の意見を聴いて、対応方針(評価の完了又は継続)を決定しています。
事後評価の実施状況については、このホームページで御覧になれるほか、行政情報センター(県庁2階)で閲覧することができます。

事後評価対象事業

事後評価は、次の要件に該当する事業について行います。

1 事業完了後一定期間が経過した事業。「一定期間」とは、事業の特性を踏まえ「5年以内」とする。

2 審議結果を踏まえ、土木建築部長が改めて事後評価を行う必要があると判断した次に掲げる事業。 

  ① 効果の発現が十分ではないが、今後時間の経過により効果の発現が期待できる事業

  ② 改善措置が講じられた事業

事後評価の視点

事後評価については、次の視点から評価を行っています。 

1 費用対効果分析の算定基礎となった要因(費用、施設の利用状況、事業期間等)の変化

2 事業の効果の発現状況

3 事業実施による環境の変化

4 社会経済情勢の変化

5 今後の事後評価の必要性

6 改善措置の必要性

7 同種事業の計画・調査のあり方や事業評価手法の見直しの必要性

沖縄県公共事業評価監視委員会について

事後評価は、学識経験者など10名で構成されている「沖縄県公共事業評価監視委員会」で審議しています。

事後評価一覧

平成28年度の事後評価事業一覧

お問い合わせ

土木建築部土木総務課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟11階(北側)

電話番号:098-866-2384

FAX番号:098-866-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?