• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 河川・ダム > 総合雨水対策について

ここから本文です。

更新日:2015年8月5日

総合雨水対策について

これまでは・・・

これまでの雨水対策は、「治水対策」としての河川改修、遊水地やダム等の整備や、降雨や洪水に関する情報伝達、水防活動といった、被害の軽減を図るための対策を行ってきました。
しかし、急激な都市化に伴う流出量の増大に対して、これらの治水対策だけでは追いつかない状況になっています。sougouusuitaisakunituite


総合雨水対策とは

総合雨水対策は都市化により流量が増大している河川において、「治水対策」、「流域対策」、「被害軽減対策」などを組み合わせ、流域の自治体が一体となった総合的な対策を講じ、減災を図ることを目的としています。
なお、総合雨水対策を実施することで、浸水被害軽減はもとより、流域の良好な水循環の回復や、都市圏のヒートアイランド現象の緩和等、良好な生活環境の形成に寄与するものです。sougouusuitaisakutoha

sougouusuitaisakutoha2


総合雨水対策の体系図

taikeizu


対策効果

地下水の涵養

雨水流出抑制効果、地下水と湧水の保全効果があります。taisakukouka

ヒートアイランド現象の緩和

蒸発量の増大、平常時の河川水の流量が増加することにより、周辺の気温が低下することが考えられます。さらに屋上緑化を行えば、日射を遮断し、建物に熱が蓄積するのを防ぐことができます。hi-toairando

お問い合わせ

土木建築部河川課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟11階(北側)

電話番号:098-866-2404

FAX番号:098-868-9396

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?