• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 下水道 > 告知・啓発事項 > 下水道トリビア

ここから本文です。

更新日:2015年8月19日

下水道トリビア

沖縄県中南部統合下水道計画

下水道計画は琉球政府時代に始まっていた?

沖縄県中南部統合下水道とは、1963年に米国政府が作ったマスタープランを1965年に琉球政府が日本語に訳したものです。

那覇市から現在の沖縄市付近までの西海岸沿いの人口密度の高い地域の汚水を処理することを目的に計画されました。

マスタープラン図

昔の沖縄

復帰以前の沖縄では、汚れた川で多くの魚が死に、悪臭がただよって社会問題となりました。原因についてははっきりしない部分も多いのですが、今後同じようなことがまた起こらないようにするためには、下水道を整備するなどして汚れた水が海や川に流れないようにすることが大切です。

お問い合わせ

土木建築部下水道事務所管理班

〒901-2221 沖縄県宜野湾市伊佐3-12-1

電話番号:098-898-5988

FAX番号:098-870-2268

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?