• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 下水道 > 告知・啓発事項 > 宜野湾浄化センター3系処理施設の整備状況

ここから本文です。

更新日:2014年3月28日

宜野湾浄化センター3系処理施設の整備状況

宜野湾浄化センター発注予定工事

進捗状況

現場状況(写真)

定点観測

3系最初沈澱池・反応タンク(平成24年8月)

3系水処理施設

3系水処理施設(平成25年5月)

 

消化タンク

3系汚泥消化タンク(平成24年8月)

3系消化タンク

3系汚泥消化タンク(平成25年3月完成)

航空写真

宜野湾H22-1

宜野湾浄化センター(平成22年12月航空写真)

平成24年航空写真

宜野湾浄化センター(平成25年3月航空写真)

宜野湾浄化センター3系処理施設の整備計画

現在整備を進めている宜野湾浄化センターの3系処理施設は、中部流域の下水量の増加と施設の老朽化に対応するため整備するもので、平成18年から本格的な工事に着手しています。事業は長期間にわたり整備する計画であり、平成26年度には最初の第1段階において3系処理施設の1部が完成し、部分的な運用が始まる予定です。

宜野湾浄化センターでは2つ処理施設が稼働しており、それぞれ1系および2系処理施設と呼ばれています。海側に展開しながら現在整備を進めている施設は3系処理施設と呼ばれています。

1,2系処理施設と3系処理施設の範囲(PDF:468KB)

3系処理施設~第1段階~

第1段階整備概要:新3系処理施設の拡充と旧施設の停止

完成予定:平成27年度以降

現段階では、3系処理施設の一部が完成しており、試運転等を経て、部分的な運用が始まります。その後、1、2、3系の3つの処理施設を並行稼働させながら、1、2系の古い施設は耐用年数に応じて順次停止します。同時に3系施設では処理施設を拡張して古い施設から役割を引き継いでいきます。

3系処理施設~最終段階~

最終段階整備概要:旧1、2系処理施設跡地の緑化整備

完成予定:平成42年度

最終段階の整備においては、1、2系の処理機能を全て3系処理施設に移行したのち、廃止した施設の跡地は緑化整備する計画です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部下水道事務所設備班

〒901-2221 沖縄県宜野湾市伊佐3-12-1

電話番号:098-868-3484

FAX番号:098-864-2646

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?