• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2016年5月6日

都市計画

都市計画

都市計画は、都市の成長、発展を適正に誘導していくために、総合的な土地利用計画を策定し、開発を規制したり、都市計画事業を実施している。
八重山地域における都市計画法適用市町村は石垣市であり、昭和31年からその適用を受けている。石垣都市計画区域は、石垣島全域23,536haを区域とし、約591haの用途地域を策定している。その他、都市施設として、道路、公園・緑地、下水道、ごみ焼却場を決定し、市街地開発事業として土地区画整理区域を定めている。

道路

石垣都市計画区域の都市計画道路は、33路線、41.52kmであり、改良済延長29.49km、改良率71%である。真栄里新川線(国道390号及び県道石垣港伊原間線)の整備が平成21年度までに完了しており、桃林寺前の琉球庭園(ポケットパーク)においては、歴史的景観に配慮して施工を行い、平成12年度沖縄都市緑化コンクールにおいて、沖縄総合事務局長賞を受賞した。

都市公園

石垣都市計画区域の都市公園は、25箇所、490.86haが決定され、10箇所、237.32haが供用開始されている。一人あたり都市公園面積は、50.49平方メートルである。

県営バンナ公園概要

バンナ公園が位置するバンナ岳は、石垣市街地の北方約4kmにあって、南北に概ね標高230mの稜線をもった、およそ400haにわたる森林丘陵地帯である。本公園は、石垣島観光を充実させると同時に、市民を対象とした陸域リクリエーション効果と、自然教育効果を発揮する機能を有している。また、亜熱帯の特色ある自然植生を保全するため、積極的に熱帯の花木を植栽するなど、自然環境をできる限り保存・維持管理することで、日本最南端の花と緑があふれる都市公園となっている。

  • 公園の種別
    広域公園
  • 公園の規模
    計画面積292.1ha(※隣接して生活環境保全林区域107haがあり、399.1haの森林丘陵地帯をなす。)
  • 供用開始面積
    208.54ha
  • 全体事業費
    約176.7億円
  • 主要な施設
    自然観察広場、バンナスカイライン(エメラルドの海を見る展望台、渡り鳥観察所)、森林散策広場(聖紫花の橋、蝶園)、ふれあい子供広場

お問い合わせ

土木建築部八重山土木事務所河川都市港湾班

〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里438-1 沖縄県八重山合同庁舎3階

電話番号:0980-82-3262

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?