• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2015年1月30日

建築基準法

 

建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、公共の福祉の増進に資することを目的としています。

 

■建築基準法

建築物を建築する際には法に適合させる必要があり、着工する前の段階で、その計画をチェックするのが『建築確認制度』です。
建築物、工作物の工事着手の前に建築主から建築確認申請が提出されると、建築主事は建築基準法及び関係法令の規定に適合するかどうかを審査し、適合する場合は建築主に建築確認通知を出します。
また、工事完成後は建築主の工事完了検査申請書を受け、完成検査を行います。

 

■道路の確認

  建築物を建築する際には、建築基準法上の道路に接道している必要があります。

 

■中間検査について

対象建築物は特定工程終了後に中間検査を受け、検査合格後でなければ特定工程後の工事を行うことが出来ません。

  

■建築基準法に基づく許可等について

 

沖縄県建築基準法施行条例(PDF:208KB)

沖縄県建築基準法施行細則(PDF:48KB)

手数料(PDF:45KB)

 

建築物ができるまでの手続きのイメージ

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木建築部八重山土木事務所建築班

〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里438-1 沖縄県八重山合同庁舎3階

電話番号:0980-82-3077

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?