• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年8月28日

ダムの役割

沖縄の河川は、降雨後の出水が本土の河川と比較して極端に早いため、台風などの豪雨による被害が起こりやすく、たびたび川沿いの地域に大きな被害をもたらしてきました。
一方、流域面積が小さいため、平常時の河川の流量は非常に少なく、日照りが続くと水不足を招きやすくなっています。

そこで、沖縄県ダム事務所が管理・建設しているダムには、治水・利水・環境の大きく3つの役割があります。

治水<洪水調節>

洪水時に上流からの河川流量をダムで一時的に貯留することで調節することにより、下流の河川流量を低減させ、洪水被害を減少させることを目的としています。

 

tyousetu

ダム無し

矢印→

ダム有り

 

利水<水道用水・農業用水>

飲み水に使ったり、そうじやおふろに使われる水道水をダムで貯めて、みんなの家や、学校、工場などへ送ります。

また、都市活動の活発化や生活水準の向上に伴って増加する都市用水や、農業生産の多様化による新たな農業用水の需要に対して、安定した水資源を開発します。

利水イメージ

 

環境<正常流量>

日照が続いて渇水になった時には、水量が減った川の水質が悪化しないよう、豊水時に貯留したダムの水を必要なだけ下流に流し、河川の生態系の保全も含めた、流水の正常な機能の維持を図ります。

正常流量イメージ

 

ダムの構造

ダムの断面構造

ダムは上図のような断面になっています。

 

  • 減勢工
水の勢いを弱めて川に流します。
  • 常時満水位
利水目的に使用するため、貯水池に貯めることができる最高の水位。渇水・洪水時以外は常時、この水位に保たれます。(利水の満タンライン)
  • 常用洪水吐き
大雨の時に水を流す穴。それ以外はダムに水を貯め、川からあふれないようにします。
  • 水位計
ダムの中に貯まっている水の高さを測ります。
  • 選択取水設備
きれいな水を選んで、水道水などに使います。
  • 通廊
ダムの点検、管理のためのトンネルです。
  • 非常用洪水吐き
ものすごい雨のときに、ここからも水を流します。

関連コンテンツ

 

 

お問い合わせ

土木建築部南部土木事務所(代表)

〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37 沖縄県南部合同庁舎7階、8階

電話番号:098-866-1129

FAX番号:098-866-6906

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?