• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 県政情報 > 広聴 > 県民ご意見箱 > Q&A(河川/砂防/港湾)

ここから本文です。

更新日:2016年7月19日

Q&A(河川/砂防/港湾)


このページではよくある質問についてお答えします。

河川/砂防/港湾

Q1.多自然型川づくりとは何ですか?
A1.多自然型川づくりとは、本来川がもつ多様で豊かな自然環境を保全し、創出し、再生することを目指す川づくりです。当事務所管内の河川は都市部に位置しているものが多く、周辺状況の制約等もありますが、必要な治水対策を行いつつ、できうる限り多自然型川づくりを目指していきます。

Q2.港湾施設を利用するにはどうしたらいいですか?
A2.岸壁、物揚場、港湾施設用地などの港湾施設を利用する場合は、港湾管理者(県管理港湾の場合は県知事)の許可が必要です。南部管内の港湾施設を利用する場合は、南部土木事務所維持管理班に問い合わせてください。

Q3.重要港湾と地方港湾の違いは何ですか?
A3.重要港湾は、国際海上輸送網又は国内海上輸送網の拠点となる、国の利害に重要な関係を有する政令で定められた港湾をいい、地方港湾は重要港湾以外の港湾をいいます。当事務所管内の重要港湾は、那覇港(管理者:那覇港管理組合(県、那覇市、浦添市で構成))と中城湾港(管理者:県)の2港です。地方港湾は、徳仁港(久高島)、兼城港(久米島)、粟国港(粟国島)、渡嘉敷港(渡嘉敷島)、座間味港(座間味島)、慶留間港(慶留間島)、阿護の浦港(座間味島)、北大東港(北大東島)、南大東港(南大東島)の9港あり、当事務所で整備、管理を行っています。

Q4.「岸壁」と「物揚場」の違いは何ですか?
A4.岸壁も物揚場も、船舶を接岸係留させ、貨物の積み卸し、船客の乗降をするための施設のことをいいます。水深が4.5m以上の施設を「岸壁」、4.5m未満の施設を「物揚場(ものあげば)」と呼んで区別しています。Q5.港湾と漁港の違いは何ですか?A5.漁港は、漁業従事者の船舶に専用的に利用されますが、港湾は、不特定多数による平等の利用が原則であり、貨物輸送船や定期旅客船、作業船、漁船あるいはヨット等、ほとんどの種類の船舶に利用されています。

 

お問い合わせ

土木建築部南部土木事務所河川港湾班

〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37 沖縄県南部合同庁舎7階、8階

電話番号:098-867-4891

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?