• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年8月24日

儀間ダム建設の概要

 

儀間川総合開発事業(儀間ダム)の概要

儀間川水系儀間川は、その源をフサキナ岳(標高219.9m)に発し、フサキナ池、比嘉池、儀間池を流下し、儀間集落に出て東シナ海に注ぐ、流域面積5.0km2、流路延長5.5kmの二級河川です。

儀間ダムは、儀間川の沖縄県島尻郡久米島町儀間地先に、既設儀間池を改修し多目的ダムとして建設するもので、平成19年度より儀間川総合開発事業として建設を行い、平成26年2月から試験湛水を行っています。

儀間ダムの概要及び諸元は儀間ダムをご覧ください。

gima-sky-fr

平成23年10月時点

gima-befo-pas

儀間池(パース)

arrow01

gima-pas

儀間ダム(パース)

 

儀間ダムの概要については、CGによる紹介もあります。

この動画を儀間川総合開発事業(儀間ダム)の紹介以外への利用を禁じます。(個人の閲覧に限ります)

既設儀間池の改修

既設儀間池を改修し、ダム堤高を高くすることで、貯水容量を増加し、新たに洪水調節も行えるような構造とします。

 

儀間_貯水位

 

儀間ダムの構造について

儀間ダムは、均一型フィルダム(高さ24.5m(堤頂標高:EL62.5m)、堤頂長539.0m)として整備を行っています。

平面及び標準断面

平面図

儀間ダムは堤体部、洪水吐き、取水設備等からなります。

gima-heimen

標準断面

儀間ダムは、難水性箇所まで掘削し、難水性の材料で盛立たゾーン1(コア)でダム湖の水を遮水する構造となっています。

儀間_標準断面

事業経緯とスケジュール

事業経緯

昭和63年~平成元年 予備調査実施
平成2年4月 実施計画調査の着手
平成9年11月 工事実施基本計画認可
平成13年1月 河川整備基本方針同意
平成13年2月 ダム軸・ダム型式の基本設計会議
平成13年3月 河川整備計画同意
平成16年4月 建設着手
平成18年9月 全体計画同意
平成19年12月 儀間ダム本体工事着手
平成23年10月 定礎式
平成25年7月 堤体盛立完了
平成26年1月 洪水吐最終打設完了
平成26年2月 試験湛水開始

 

事業スケジュール<平成26年2月現在>

儀間_工程_仮

 

ダムが出来るまでの手順

ダムが出来るまでの手順フロー

 

お問い合わせ

土木建築部南部土木事務所(代表)

〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37 沖縄県南部合同庁舎7階、8階

電話番号:098-866-1129

FAX番号:098-866-6906

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?